アイデアを引き出すとは、アイデアを書き出すことだ

公開日:  更新日:

「あの人はなぜ、東大卒に勝てるのか 論理思考のシンプルな本質」津田久資著

 教科書に書いてあることを正確に記憶し(理解しなくてもいい)、1時間半とか2時間の制限時間内に筆記試験に再現する能力に長けた偏差値秀才とは異なるビジネスの実践に役立つ技法について記されている。一級のビジネス書だ。

 津田氏は、〈人が考えているかどうかを決めるのは、その人が書いてるかどうかである。/アイデアを引き出すとは、アイデアを書き出すことにほかならない。少なくとも大多数の人にとってはそうである。これまで人生の中で、真剣に考えた経験がある方は思い返してほしい。あなたは1時間とか2時間、腕を組んでう~んと唸りながら思考をめぐらしていただろうか。そういう人はかなり少ないと思う。/本当に何かを考えたときには、そのプロセスや最終的なアウトプットについて、何かしら必ず書いているはずである。逆に言うと、それがない限り「考えていた」とは言えないのである〉と指摘する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  5. 5

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  6. 6

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  7. 7

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  8. 8

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  9. 9

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  10. 10

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

もっと見る