• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「新宿ナイチンゲール」小原周子著

 派遣看護師の桑原ひまりはネットカフェで寝泊まりしている。ネットで仕事の依頼を受けると、全財産を入れたキャリーバッグをコインロッカーに預けて派遣先に向かう。今回は家族でスキーに行く2日間、寝たきりのおじいちゃんの世話をしてほしいという依頼だ。

 家族が出かけた後、ひまりは路上で歌っている自称ミュージシャンの宗一を連れ込んで、夜は女王様プレーにつきあう。介護料金は1日8万円だが、ある日、1泊2日で20万円の仕事が入った。行ってみたら、それはひまりが病院の看護師だったころ、やめなくてはいけない事態にひまりを追い込んだ高橋啓子の家だった。

 理不尽な派遣看護師の生活を描く。(講談社 1450円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  5. 5

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  6. 6

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  7. 7

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  8. 8

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

  9. 9

    日朝首脳会談 「後退」観測の裏にプーチン大統領の横ヤリ

  10. 10

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

もっと見る