「ぼくの伯父さん」伊丹十三著

公開日:  更新日:

 著者はアメリカ人が怖い。日本人同士が話をするときは何とか相手と合意しようとする。つまりイエスというために生きているが、アメリカ人はいつでも「NO」という用意がある。「常に戦う用意がある」――、これがアメリカ人の基本的性格のひとつだ。

 だが、これでは社会が成り立たないので、彼らは歯をむきだしてニカッと笑う。彼らは真剣に笑顔に取り組んで、社交的な良きアメリカ市民であることを証明する。西部の開拓者のごとき男が出会ったとき、笑うのは「俺は自分の協調性を証明したぞ。今度はお前が証明してみせる番だ」ということなのだ。(「アメリカ人」)

 俳優・映画監督など多才な活躍をした伊丹十三の単行本未収録エッセー集。(つるとはな 2000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    酒グセも告白…キャラ変で復活の夏菜によぎる朝ドラの悪夢

  7. 7

    革新機構社長ブチ切れ会見…経産省「朝礼暮改」の実態暴露

  8. 8

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  9. 9

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  10. 10

    狙いはマクロン降ろしか 黄色いベスト運動にトランプの影

もっと見る