「ぼくの伯父さん」伊丹十三著

公開日:  更新日:

 著者はアメリカ人が怖い。日本人同士が話をするときは何とか相手と合意しようとする。つまりイエスというために生きているが、アメリカ人はいつでも「NO」という用意がある。「常に戦う用意がある」――、これがアメリカ人の基本的性格のひとつだ。

 だが、これでは社会が成り立たないので、彼らは歯をむきだしてニカッと笑う。彼らは真剣に笑顔に取り組んで、社交的な良きアメリカ市民であることを証明する。西部の開拓者のごとき男が出会ったとき、笑うのは「俺は自分の協調性を証明したぞ。今度はお前が証明してみせる番だ」ということなのだ。(「アメリカ人」)

 俳優・映画監督など多才な活躍をした伊丹十三の単行本未収録エッセー集。(つるとはな 2000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  9. 9

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  10. 10

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

もっと見る