「ぼくの伯父さん」伊丹十三著

公開日: 更新日:

 著者はアメリカ人が怖い。日本人同士が話をするときは何とか相手と合意しようとする。つまりイエスというために生きているが、アメリカ人はいつでも「NO」という用意がある。「常に戦う用意がある」――、これがアメリカ人の基本的性格のひとつだ。

 だが、これでは社会が成り立たないので、彼らは歯をむきだしてニカッと笑う。彼らは真剣に笑顔に取り組んで、社交的な良きアメリカ市民であることを証明する。西部の開拓者のごとき男が出会ったとき、笑うのは「俺は自分の協調性を証明したぞ。今度はお前が証明してみせる番だ」ということなのだ。(「アメリカ人」)

 俳優・映画監督など多才な活躍をした伊丹十三の単行本未収録エッセー集。(つるとはな 2000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  2. 2

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  3. 3

    小出恵介は5億3000万円…新井浩文を待つ“15億円”賠償地獄

  4. 4

    新井浩文だけじゃない 共演者の犯罪で“お蔵入り”した名作

  5. 5

    お粗末JGA マスターズ女子アマ出場枠を早とちりし大騒動に

  6. 6

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

  7. 7

    日銀もカサ上げ 消費税アップを物価に反映させる“禁じ手”

  8. 8

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  9. 9

    勝負の年は初日97位…横峯さくらスポンサーも失い引退危機

  10. 10

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

もっと見る