「スクリーンの向こうに新藤兼人の遺したもの」新藤兼人著、新藤次郎編

公開日:  更新日:

 100歳で亡くなるまで現役の脚本家・映画監督として、多くの作品を世に送り出した新藤兼人の生前の文章を編んだ映画エッセー。

 軍隊に入隊した兄との面会に行くたびに、母にねだって映画を見た少年時代の思い出から、戦争体験、そして「原爆の映画は永遠に撮り続けるべきだと思っている」と自らが広島出身ゆえに人一倍こだわりがある原爆映画への思い、さらに「仕事をしているときはつねに、女優さんに性欲を感じています」と、想像する者にもっとも必要なのは知識でもセンスでも体力でもなく、欲望だと語る創作の原点まで。

 同時代を生きた名優、名女優、名監督らとの思い出を交えながら、映画一筋に生きた氏の人生と哲学がぎっしりと詰まった映画好きにはたまらない珠玉本。

(NHK出版 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る