「男たちよ!」時代は変わったが…主夫になりたい男の現実

公開日: 更新日:

「『専業主夫』になりたい男たち」白河桃子著

 かつて伊丹十三著「女たちよ!」が名著と呼ばれた時代があった。いまは女が男たちをイジり倒す時代だ。

 言葉だけならもう珍しくなくなった「専業主夫」。しかし実際にいるかというと、大半の読者は首を横に振るだろう。オヤジ世代はむろん30代40代にだって、まず身近には見ない聞かないのが普通ではないか。

「少子化ジャーナリスト」の著者によれば、高収入のキャリアウーマンと主夫志望の男たちとの婚活パーティーを雑誌の依頼で企画したところ「主夫になりたい=外で働かない」男なんて! と総スカンだったという。要は女も主夫は嫌いということだ。だが、著者は「私より仕事ができてリードしてくれるような人」などと望むのはコムスメ時代の幻想だとバッサリ。

 著者によれば「主夫」という言葉は「イクメン」より早くドラマにもなっているし、ママのサポートの意味合いの濃い「イクメン」とメーンで家事全般を担当する「主夫」とは中身もまったく違うとも指摘する。イクメンははやりだが、主夫は男のプライドをきっちり捨てないと無理。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    山口真帆は“手打ち”で出演 NGT48千秋楽公演は大荒れ必至?

  3. 3

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  6. 6

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  7. 7

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  8. 8

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  9. 9

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

  10. 10

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

もっと見る