• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「男たちよ!」時代は変わったが…主夫になりたい男の現実

「『専業主夫』になりたい男たち」白河桃子著

 かつて伊丹十三著「女たちよ!」が名著と呼ばれた時代があった。いまは女が男たちをイジり倒す時代だ。

 言葉だけならもう珍しくなくなった「専業主夫」。しかし実際にいるかというと、大半の読者は首を横に振るだろう。オヤジ世代はむろん30代40代にだって、まず身近には見ない聞かないのが普通ではないか。

「少子化ジャーナリスト」の著者によれば、高収入のキャリアウーマンと主夫志望の男たちとの婚活パーティーを雑誌の依頼で企画したところ「主夫になりたい=外で働かない」男なんて! と総スカンだったという。要は女も主夫は嫌いということだ。だが、著者は「私より仕事ができてリードしてくれるような人」などと望むのはコムスメ時代の幻想だとバッサリ。

 著者によれば「主夫」という言葉は「イクメン」より早くドラマにもなっているし、ママのサポートの意味合いの濃い「イクメン」とメーンで家事全般を担当する「主夫」とは中身もまったく違うとも指摘する。イクメンははやりだが、主夫は男のプライドをきっちり捨てないと無理。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る