「男たちよ!」時代は変わったが…主夫になりたい男の現実

公開日:  更新日:

「『専業主夫』になりたい男たち」白河桃子著

 かつて伊丹十三著「女たちよ!」が名著と呼ばれた時代があった。いまは女が男たちをイジり倒す時代だ。

 言葉だけならもう珍しくなくなった「専業主夫」。しかし実際にいるかというと、大半の読者は首を横に振るだろう。オヤジ世代はむろん30代40代にだって、まず身近には見ない聞かないのが普通ではないか。

「少子化ジャーナリスト」の著者によれば、高収入のキャリアウーマンと主夫志望の男たちとの婚活パーティーを雑誌の依頼で企画したところ「主夫になりたい=外で働かない」男なんて! と総スカンだったという。要は女も主夫は嫌いということだ。だが、著者は「私より仕事ができてリードしてくれるような人」などと望むのはコムスメ時代の幻想だとバッサリ。

 著者によれば「主夫」という言葉は「イクメン」より早くドラマにもなっているし、ママのサポートの意味合いの濃い「イクメン」とメーンで家事全般を担当する「主夫」とは中身もまったく違うとも指摘する。イクメンははやりだが、主夫は男のプライドをきっちり捨てないと無理。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る