• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「母恋わんたん 南蛮おたね夢料理(三)」倉阪鬼一郎著

 安政4(1857)年のある朝、芝・伊皿子坂の料理屋「夢屋」の女将・おたねは、料理人のおりきらと魚の仕入れに浜まで出かける。浜では漁師らが捨て子を囲んで困り果てていた。おたねは、「ぶんぞう」というその捨て子を夢屋で預かり、母親捜しを始める。3年前の震災で一人娘を失っているおたねは、母親が見つからなければ、ぶんぞうを自分の子として育てるつもりだ。まずは一石橋の南詰めにある迷子の標石にぶんぞうの似顔絵に母親への呼びかけの文を添えて張り出す。迷子の標石は、子供を捜す方と知らせる方の情報交換の場だった。

 夢屋の料理が人々のお腹と心を温める時代人情シリーズ最新刊。

(光文社 600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る