• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「母恋わんたん 南蛮おたね夢料理(三)」倉阪鬼一郎著

 安政4(1857)年のある朝、芝・伊皿子坂の料理屋「夢屋」の女将・おたねは、料理人のおりきらと魚の仕入れに浜まで出かける。浜では漁師らが捨て子を囲んで困り果てていた。おたねは、「ぶんぞう」というその捨て子を夢屋で預かり、母親捜しを始める。3年前の震災で一人娘を失っているおたねは、母親が見つからなければ、ぶんぞうを自分の子として育てるつもりだ。まずは一石橋の南詰めにある迷子の標石にぶんぞうの似顔絵に母親への呼びかけの文を添えて張り出す。迷子の標石は、子供を捜す方と知らせる方の情報交換の場だった。

 夢屋の料理が人々のお腹と心を温める時代人情シリーズ最新刊。

(光文社 600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  2. 2

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  3. 3

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  4. 4

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  5. 5

    安倍首相ミエミエ被災地利用 閣僚も国民に“逆ギレ”の末期

  6. 6

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  7. 7

    西村氏の謝罪が火に油 安倍自民“言い訳”に嘘発覚で大炎上

  8. 8

    5000万円疑惑 落ち目の細野豪志氏がすがった“意外な人物”

  9. 9

    文科省の収賄局長が失った 麻布の“億ション”セレブライフ

  10. 10

    防災にどれだけ本気? 安倍政権で「次は東京」という恐怖

もっと見る