「母恋わんたん 南蛮おたね夢料理(三)」倉阪鬼一郎著

公開日:  更新日:

 安政4(1857)年のある朝、芝・伊皿子坂の料理屋「夢屋」の女将・おたねは、料理人のおりきらと魚の仕入れに浜まで出かける。浜では漁師らが捨て子を囲んで困り果てていた。おたねは、「ぶんぞう」というその捨て子を夢屋で預かり、母親捜しを始める。3年前の震災で一人娘を失っているおたねは、母親が見つからなければ、ぶんぞうを自分の子として育てるつもりだ。まずは一石橋の南詰めにある迷子の標石にぶんぞうの似顔絵に母親への呼びかけの文を添えて張り出す。迷子の標石は、子供を捜す方と知らせる方の情報交換の場だった。

 夢屋の料理が人々のお腹と心を温める時代人情シリーズ最新刊。

(光文社 600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る