「きずな酒」倉阪鬼一郎著

公開日:  更新日:

 時吉とおちよ夫婦は、横山町で旅籠つき小料理屋のどか屋を切り盛り。ある日、造り酒屋の武蔵屋の句会に招かれて出かけた常連客の俳諧師・季川が厄介事を持ち込む。家を出たまま音信不通だった武蔵屋の末っ子・松四郎から主人の留太郎に金を無心する文が届いたという。松四郎はバクチで200両もの借金をつくり、金が用意できなければ殺されると書かれており、留太郎は期日までに用意しようと金繰りに奔走しているらしい。しかし、心配した季川が預かってきた文を調べると、松四郎の筆跡ではなかった。時吉らから相談を受けた店の常連、隠密廻り同心の安東らが動き出す。

 元侍の時吉が作るさまざまな料理を味わいながら進む時代娯楽小説。(二見書房 648円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  8. 8

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  9. 9

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

  10. 10

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

もっと見る