「きずな酒」倉阪鬼一郎著

公開日:  更新日:

 時吉とおちよ夫婦は、横山町で旅籠つき小料理屋のどか屋を切り盛り。ある日、造り酒屋の武蔵屋の句会に招かれて出かけた常連客の俳諧師・季川が厄介事を持ち込む。家を出たまま音信不通だった武蔵屋の末っ子・松四郎から主人の留太郎に金を無心する文が届いたという。松四郎はバクチで200両もの借金をつくり、金が用意できなければ殺されると書かれており、留太郎は期日までに用意しようと金繰りに奔走しているらしい。しかし、心配した季川が預かってきた文を調べると、松四郎の筆跡ではなかった。時吉らから相談を受けた店の常連、隠密廻り同心の安東らが動き出す。

 元侍の時吉が作るさまざまな料理を味わいながら進む時代娯楽小説。(二見書房 648円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

もっと見る