• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「教育費破産」安田賢治著

 経済格差が子どもたちの進学に影響している実態を告発するリポート。

 60年前の大学進学率はわずか8%足らずだったが、現在は5割を超え、短大・専修学校を含む進学率は、ほぼ8割となった。

 一方で、国立大の学費が40年で5.6倍になるなど、学費は軒並み高騰。幼稚園から高校まですべて私立の教育機関に進んだ場合、費用の平均額は1700万円を超え、地方出身者が東京の私大理系に進学した場合は、3000万円になるとか。

 経済格差が広がる中、学生たちは奨学金に頼るが、卒業後に返済できずに自己破産に至るケースが続出。奨学金破産の影響は、保証人となった親らにも及んでいるという。苦しむ学生とその親たちの実態と、高騰する教育費が格差の再生産をつくり出している現実を伝える。(祥伝社 780円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  9. 9

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る