公開日:  更新日:

 地震、テロ、災害……なんだか不穏なことが続く世の中で、明日のことさえ信じられない気分のとき、ふと開いた本のページに見つけた一言に、はっとさせられることはないだろうか。本は、人がどんなに後ろ向きになった時でも、そしてどんなに不運が続く時でも、いつも静かにそばにいて最良の友となってくれる。

 そこで今回は、これからの人生を支える言葉を探しているあなたのために名言集を4冊ご紹介。

 人生思うようにいかず自暴自棄になりかけている時、「なぜオレだけがこんな目に……」とつい思ってしまいがちなもの。しかし歴史を振り返れば、辛酸をなめた人間はそれこそ世界中に山ほど存在する。そして世の理不尽に言葉で闘うのが哲学者の仕事なら、今まで受け継がれている彼らの言葉が教えてくれるものも多い。

 というわけで、まずは定番の常備薬的な言葉をお探しのアナタにオススメなのが「今を生きるための心のサプリメント 哲人・文豪・偉人 哲学の名言」(ファミマ・ドット・コム 680円+税)だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

もっと見る