• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「やっぱり友だちはいらない。」押井守著

 いまの世の中、「友だちがいない」などと言ったりすると、人間性に重大な欠陥があるかのように見なされてしまう。しかしそんな風潮に対して、「いない」のではなく「いらない」と言ってのけるのが、「機動警察パトレイバー」シリーズなどでお馴染みの映画監督・押井守である。

 押井の考える友だちは、「イラクで失踪したときに、後先考えずに、すぐに飛行機に飛び乗って現地に来てくれる人」。とはいえ、そんな存在に出会えるのは奇跡以外の何物でもない。そんな幻想にすがるよりも、自分を導いてくれるマスター、一緒に何か作れる仕事仲間、自分の本質を見抜いてくれる家族、この3種類の人間に、自分を必要とする小さきもの(イヌやネコ)がいればいい、と。

 目からウロコの友だち論で、友だち関係で悩んでいる人は新しい視野が開けるに違いない。本書は「友だちはいらない。」の増補版。「やっぱり」とダメ押ししなければならないほど「友だち幻想」は根強く、本書もまだまだ必要とされそうだ。(東京ニュース通信社 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  5. 5

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  6. 6

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  7. 7

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  8. 8

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

もっと見る