「やっぱり友だちはいらない。」押井守著

公開日:  更新日:

 いまの世の中、「友だちがいない」などと言ったりすると、人間性に重大な欠陥があるかのように見なされてしまう。しかしそんな風潮に対して、「いない」のではなく「いらない」と言ってのけるのが、「機動警察パトレイバー」シリーズなどでお馴染みの映画監督・押井守である。

 押井の考える友だちは、「イラクで失踪したときに、後先考えずに、すぐに飛行機に飛び乗って現地に来てくれる人」。とはいえ、そんな存在に出会えるのは奇跡以外の何物でもない。そんな幻想にすがるよりも、自分を導いてくれるマスター、一緒に何か作れる仕事仲間、自分の本質を見抜いてくれる家族、この3種類の人間に、自分を必要とする小さきもの(イヌやネコ)がいればいい、と。

 目からウロコの友だち論で、友だち関係で悩んでいる人は新しい視野が開けるに違いない。本書は「友だちはいらない。」の増補版。「やっぱり」とダメ押ししなければならないほど「友だち幻想」は根強く、本書もまだまだ必要とされそうだ。(東京ニュース通信社 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る