「やっぱり友だちはいらない。」押井守著

公開日: 更新日:

 いまの世の中、「友だちがいない」などと言ったりすると、人間性に重大な欠陥があるかのように見なされてしまう。しかしそんな風潮に対して、「いない」のではなく「いらない」と言ってのけるのが、「機動警察パトレイバー」シリーズなどでお馴染みの映画監督・押井守である。

 押井の考える友だちは、「イラクで失踪したときに、後先考えずに、すぐに飛行機に飛び乗って現地に来てくれる人」。とはいえ、そんな存在に出会えるのは奇跡以外の何物でもない。そんな幻想にすがるよりも、自分を導いてくれるマスター、一緒に何か作れる仕事仲間、自分の本質を見抜いてくれる家族、この3種類の人間に、自分を必要とする小さきもの(イヌやネコ)がいればいい、と。

 目からウロコの友だち論で、友だち関係で悩んでいる人は新しい視野が開けるに違いない。本書は「友だちはいらない。」の増補版。「やっぱり」とダメ押ししなければならないほど「友だち幻想」は根強く、本書もまだまだ必要とされそうだ。(東京ニュース通信社 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    上沼恵美子は「そうそう」と笑顔の次の瞬間「黙っとれ!」

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小池知事が安倍政権にケンカ売る「Go To」狙い撃ちの計算

  8. 7

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  9. 8

    懲りない黒木瞳 まさかの映画監督2作目で名誉挽回なるか

  10. 9

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

  11. 10

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

もっと見る