「やっぱり友だちはいらない。」押井守著

公開日:  更新日:

 いまの世の中、「友だちがいない」などと言ったりすると、人間性に重大な欠陥があるかのように見なされてしまう。しかしそんな風潮に対して、「いない」のではなく「いらない」と言ってのけるのが、「機動警察パトレイバー」シリーズなどでお馴染みの映画監督・押井守である。

 押井の考える友だちは、「イラクで失踪したときに、後先考えずに、すぐに飛行機に飛び乗って現地に来てくれる人」。とはいえ、そんな存在に出会えるのは奇跡以外の何物でもない。そんな幻想にすがるよりも、自分を導いてくれるマスター、一緒に何か作れる仕事仲間、自分の本質を見抜いてくれる家族、この3種類の人間に、自分を必要とする小さきもの(イヌやネコ)がいればいい、と。

 目からウロコの友だち論で、友だち関係で悩んでいる人は新しい視野が開けるに違いない。本書は「友だちはいらない。」の増補版。「やっぱり」とダメ押ししなければならないほど「友だち幻想」は根強く、本書もまだまだ必要とされそうだ。(東京ニュース通信社 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    安室奈美恵と樹木希林…残す言葉から“去り際”を研究する

もっと見る