「ハリケーン」高嶋哲夫著

公開日: 更新日:

 首都直下地震を想定した「M8」、東海・東南海・南海地震の同時発生を警告した「TSUNAMI 津波」など、自然災害を題材にしてきた著者が、常態化する異常気象の危機を訴える災害サスペンス小説。

 気象庁予報官の田久保は3年前に故郷の広島で起きた土砂災害で両親を失い、以来、土砂災害対策に忙殺され、家族を顧みる余裕がなかった。大手広告代理店に勤務する妻の恵美子も多忙を極め、一人息子の剛志はそんな両親に不満を抱くなど、家族間に亀裂が生じていた。

 そんな折、恵美子の母の認知症が悪化、一家はその介護のため多摩ニュータウンに転居することに。ちょうどその頃、記録的豪雨が続き、日本各地で土砂災害が起きていたが、そこへ大型の台風が接近、多摩地区の田久保家にも土砂災害の危険が迫っていた……。

 介護、不倫、いじめといった家族間のドラマを中軸に据えながら、何が起こっても不思議ではない、異常気象状況下にある日本の災害対策に対して、強く警鐘を打ち鳴らしている。(幻冬舎 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河野太郎は防衛相の横滑りに「格下げだ」と難色示し抵抗

  2. 2

    安倍首相も大誤算 進次郎の人気凋落「次の総理」調査9P減

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  5. 5

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  6. 6

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  7. 7

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

  8. 8

    小泉進次郎は実績ゼロの焦りから安倍首相の軍門に入り入閣

  9. 9

    人気番組で立て続けに発覚…TBS“やらせ”横行の深刻事情

  10. 10

    未婚世帯vs既婚世帯 生涯年金額「3900万円」の開きがある

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る