「ハリケーン」高嶋哲夫著

公開日:  更新日:

 首都直下地震を想定した「M8」、東海・東南海・南海地震の同時発生を警告した「TSUNAMI 津波」など、自然災害を題材にしてきた著者が、常態化する異常気象の危機を訴える災害サスペンス小説。

 気象庁予報官の田久保は3年前に故郷の広島で起きた土砂災害で両親を失い、以来、土砂災害対策に忙殺され、家族を顧みる余裕がなかった。大手広告代理店に勤務する妻の恵美子も多忙を極め、一人息子の剛志はそんな両親に不満を抱くなど、家族間に亀裂が生じていた。

 そんな折、恵美子の母の認知症が悪化、一家はその介護のため多摩ニュータウンに転居することに。ちょうどその頃、記録的豪雨が続き、日本各地で土砂災害が起きていたが、そこへ大型の台風が接近、多摩地区の田久保家にも土砂災害の危険が迫っていた……。

 介護、不倫、いじめといった家族間のドラマを中軸に据えながら、何が起こっても不思議ではない、異常気象状況下にある日本の災害対策に対して、強く警鐘を打ち鳴らしている。(幻冬舎 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る