「奇跡の大地」ヤア・ジャシ著、峯村和哉訳

公開日:  更新日:

 物語は、奴隷貿易が盛んだった18世紀のアフリカから始まる。ファンティ族に属するエフィアは、生まれた夜に炎が大地を暴れまわったせいで、村人から「火の化身」と噂され、第1婦人のバアバからつらく当たられて育った。

 種族の立派な青年との結婚を夢見ていたものの、バアバに邪魔をされた揚げ句、高額な結納金をバアバに約束して求婚してきた白人のジェームズのもとへ嫁ぐように仕向けられる。

 身を切る思いで村から離れたエフィアが嫁いだ先のケープゴースト城の地下牢には、船荷として奴隷たちが収容されていた。実はその地下牢の中に、アシャンティ族の族長の娘で、エフィアの異父姉妹であるエシがいたのだった……。

 本書は、2017年アメリカン・ブック・アワード賞に輝いた話題の長編小説。ガーナで生まれ、両親と共に米国に移住した著者のデビュー作だ。奴隷貿易の忘れざる歴史と重なる、異父姉妹の7世代にわたる数奇な運命を描いた物語として話題を呼んだ。(集英社 2600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    酒グセも告白…キャラ変で復活の夏菜によぎる朝ドラの悪夢

  7. 7

    革新機構社長ブチ切れ会見…経産省「朝礼暮改」の実態暴露

  8. 8

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  9. 9

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  10. 10

    狙いはマクロン降ろしか 黄色いベスト運動にトランプの影

もっと見る