• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「奇跡の大地」ヤア・ジャシ著、峯村和哉訳

 物語は、奴隷貿易が盛んだった18世紀のアフリカから始まる。ファンティ族に属するエフィアは、生まれた夜に炎が大地を暴れまわったせいで、村人から「火の化身」と噂され、第1婦人のバアバからつらく当たられて育った。

 種族の立派な青年との結婚を夢見ていたものの、バアバに邪魔をされた揚げ句、高額な結納金をバアバに約束して求婚してきた白人のジェームズのもとへ嫁ぐように仕向けられる。

 身を切る思いで村から離れたエフィアが嫁いだ先のケープゴースト城の地下牢には、船荷として奴隷たちが収容されていた。実はその地下牢の中に、アシャンティ族の族長の娘で、エフィアの異父姉妹であるエシがいたのだった……。

 本書は、2017年アメリカン・ブック・アワード賞に輝いた話題の長編小説。ガーナで生まれ、両親と共に米国に移住した著者のデビュー作だ。奴隷貿易の忘れざる歴史と重なる、異父姉妹の7世代にわたる数奇な運命を描いた物語として話題を呼んだ。(集英社 2600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  5. 5

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  6. 6

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  7. 7

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  8. 8

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

  9. 9

    日朝首脳会談 「後退」観測の裏にプーチン大統領の横ヤリ

  10. 10

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

もっと見る