「テーラー伊三郎」川瀬七緒著

公開日:  更新日:

 主人公は、母親と2人で田舎町に暮らす男子高校生・海色(アクアマリン)こと通称アクア。キラキラネームをつけられた上に、母親はエロ漫画家という周囲とは違いすぎる状況を抱えているアクアにとって、閉鎖的な村社会の田舎町は暮らしにくく、いつも鬱屈した気持ちを抱えていた。そんなある日、町の紳士服店のショーウインドーに、女性用コルセットが飾られているのを目撃する。

 母親の漫画を手伝わされるうち、欧州の女性用下着に詳しくなっていたアクアは、そのコルセットが丁寧に作られたコール・バレネだと気づいたのだが……。

「よろずのことに気をつけよ」で第57回江戸川乱歩賞を受賞し作家デビューし、ミステリーの分野での著作を多数持つ著者が、自らの服飾デザイナーの経験をもとに描いた初のエンターテインメント小説。

 退屈な田舎町に革命を起こした、アナーキーな仕立屋・伊三郎と、彼に魅せられた男子高校生との交流が愉快に描かれている。(KADOKAWA 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る