「コータリンは要介護5」神足裕司著

公開日: 更新日:

 コラムニストの神足氏は2011年9月3日、広島から帰る飛行機の機内で、くも膜下出血で倒れた。羽田から大学病院に運ばれ、生死の境をさまよったが、1カ月後、目覚めたときは全身がまひしていた。

 現在、左半身にまひが残り、リハビリに励んでいる。旅行には小型ミキサーを携行して、パンがゆを作ってもらう。

 千葉の大多喜町に移住した友人が、夏だけ借りている古民家に招いてくれた。友人とたき火を楽しむ。火がつくのを待つ幼少期、燃え盛る青年期、熟年期、そして火は弱まり、消えていく。自分は今、どのあたりなんだろうか? と思いながら夜が更けるまで見ていた。車椅子で過ごした631日をつづるエッセー。(朝日新聞出版 1400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    彼女にはカードを…志村けん「酒と女と笑い」に捧げた70年

  3. 3

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  4. 4

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  5. 5

    安倍総理よ、この時期「不要不急な演説」は自粛を願いたい

  6. 6

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  7. 7

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  8. 8

    東出を見放した渡辺謙の大人の事情 謝罪会見の発言に失望

  9. 9

    ドケチ安倍政権 13万病床削減を撤回せず医療崩壊の危険性

  10. 10

    コロナ急増「アメリカ死者20万人」伝説の専門家が衝撃発言

もっと見る