「半分生きて、半分死んでいる」養老孟司著

公開日:  更新日:

 ある日、学生から「もう死んだと思ってました」と話しかけられたという著者。本人はまだ元気なつもりでも、実情ではすでに死亡済み――そう思えば気楽なもので先行き世界がどうなろうと知ったことではないという氏が、気ままに世相を斬る時評エッセー。

 ある本で、預金に利息がつかないのは実体経済に発展の余地がなくなったからだと知り大いに納得。要するに経済自体が煮詰まったからだ。見渡せば、首相が憲法を改正したがっているのも安全保障をめぐる議論が煮詰まったからで、原発問題も煮詰まったまま議論が動かない。人口減少も高齢化も、世の中が煮詰まったことが分かっているからヒトが減るのだろうと推測する。

 皮肉とユーモアを利かせながら現代社会を見つめる。

(PHP研究所 860円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  10. 10

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

もっと見る