「人と会う力」岡崎武志著

公開日:  更新日:

 2017年、座間で、SNSのやりとりだけで容疑者と知り合った男女9人が殺された事件に「旧人類」の著者は「恐怖」を覚えた。実際に生身の人間と「会う」ことからいろいろなことが始まるのだ。気が弱くて地味な少年だった著者は何回か転校したが、転校は「新しい自分」になれるチャンスなのだ。「いじめ」や「大きな失敗」も転校で帳消しにできる。また、「気が弱い」という負性を捨ててはいけない。大橋巨泉のように自説を曲げない人ばかりでは会話は成り立たない。人の意見に反対しないし、人の話を遮らない気の弱い人の存在が社会を生きやすくするのだ。

 生身の人間と出会うことの大切さを考えるエッセー。

 (新講社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る