• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「人と会う力」岡崎武志著

 2017年、座間で、SNSのやりとりだけで容疑者と知り合った男女9人が殺された事件に「旧人類」の著者は「恐怖」を覚えた。実際に生身の人間と「会う」ことからいろいろなことが始まるのだ。気が弱くて地味な少年だった著者は何回か転校したが、転校は「新しい自分」になれるチャンスなのだ。「いじめ」や「大きな失敗」も転校で帳消しにできる。また、「気が弱い」という負性を捨ててはいけない。大橋巨泉のように自説を曲げない人ばかりでは会話は成り立たない。人の意見に反対しないし、人の話を遮らない気の弱い人の存在が社会を生きやすくするのだ。

 生身の人間と出会うことの大切さを考えるエッセー。

 (新講社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  3. 3

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  4. 4

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    敗れた日本戦でも露呈 コロンビアは不思議な“一流国”

  7. 7

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  8. 8

    事務所は否定も…Hey!Say!岡本圭人の脱退は時間の問題

  9. 9

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  10. 10

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

もっと見る