「文豪の凄い語彙力」山口謠司著

公開日: 更新日:

 松本清張の「鬼火の町」に「八百善などの料理屋が猟官運動や利権運動の談合場として利用された」という表現がある。「猟官」の「官」は「官職」を意味し、「猟官」とは、なりふり構わず官職を追い求める、きわめて下品な様子だとか。

 プロレタリア作家、宮本百合子は「前進的な勢力の結集」の中で、「日本の知性を押し潰そうとしている力に左袒している」と、「左袒」という難しい熟語を用いている。これは積極的に力を貸すという意味で、「史記」に、前漢の武将、周勃が、「劉氏につく者は左袒(左側の襟を開いて左肩を出す)せよ!」と言った話が載っている。文豪にならって、一度使ってみたい言葉を紹介。(さくら舎 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  2. 2

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  8. 8

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  9. 9

    高校を中退し石原裕次郎の内弟子になろうと成城の自宅へ

  10. 10

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

もっと見る