「文豪の凄い語彙力」山口謠司著

公開日: 更新日:

 松本清張の「鬼火の町」に「八百善などの料理屋が猟官運動や利権運動の談合場として利用された」という表現がある。「猟官」の「官」は「官職」を意味し、「猟官」とは、なりふり構わず官職を追い求める、きわめて下品な様子だとか。

 プロレタリア作家、宮本百合子は「前進的な勢力の結集」の中で、「日本の知性を押し潰そうとしている力に左袒している」と、「左袒」という難しい熟語を用いている。これは積極的に力を貸すという意味で、「史記」に、前漢の武将、周勃が、「劉氏につく者は左袒(左側の襟を開いて左肩を出す)せよ!」と言った話が載っている。文豪にならって、一度使ってみたい言葉を紹介。(さくら舎 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  2. 2

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  3. 3

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  4. 4

    阿炎“キャバクラ引退届”の謎 錣山親方の暴走に協会も困惑

  5. 5

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  6. 6

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  9. 9

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  10. 10

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

もっと見る