「文豪の凄い語彙力」山口謠司著

公開日:  更新日:

 松本清張の「鬼火の町」に「八百善などの料理屋が猟官運動や利権運動の談合場として利用された」という表現がある。「猟官」の「官」は「官職」を意味し、「猟官」とは、なりふり構わず官職を追い求める、きわめて下品な様子だとか。

 プロレタリア作家、宮本百合子は「前進的な勢力の結集」の中で、「日本の知性を押し潰そうとしている力に左袒している」と、「左袒」という難しい熟語を用いている。これは積極的に力を貸すという意味で、「史記」に、前漢の武将、周勃が、「劉氏につく者は左袒(左側の襟を開いて左肩を出す)せよ!」と言った話が載っている。文豪にならって、一度使ってみたい言葉を紹介。(さくら舎 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る