• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「漱石ゴシップ完全版」長尾剛著

 今年、生誕150年を迎えた夏目漱石の作品とその知られざる素顔を読み解く文豪読本。

 俳人・高浜虚子に頼まれ、彼が主宰する朗読会のために書いたという処女作「吾輩は猫である」。原稿を渡す折、漱石は渋る虚子に朗読をさせ、自分の小説に熱心に聞き入ったという。「ホトトギス」で連載が始まり「坊っちゃん」と同時掲載になると、虚子は相場をはるかに超える高値に雑誌を値上げして、荒稼ぎしたそうだ。

 また、全作品中唯一女性のヌードが出てくる「草枕」の一場面を紹介しながら、ヌード好きだったというその意外な一面や、「こころ」の章で考察する漱石の皇室観まで。複雑な生い立ちなどにも触れ、多くのエピソードでその作品と人柄を語る。

 (朝日新聞出版 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  3. 3

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  10. 10

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

もっと見る