「漱石ゴシップ完全版」長尾剛著

公開日:  更新日:

 今年、生誕150年を迎えた夏目漱石の作品とその知られざる素顔を読み解く文豪読本。

 俳人・高浜虚子に頼まれ、彼が主宰する朗読会のために書いたという処女作「吾輩は猫である」。原稿を渡す折、漱石は渋る虚子に朗読をさせ、自分の小説に熱心に聞き入ったという。「ホトトギス」で連載が始まり「坊っちゃん」と同時掲載になると、虚子は相場をはるかに超える高値に雑誌を値上げして、荒稼ぎしたそうだ。

 また、全作品中唯一女性のヌードが出てくる「草枕」の一場面を紹介しながら、ヌード好きだったというその意外な一面や、「こころ」の章で考察する漱石の皇室観まで。複雑な生い立ちなどにも触れ、多くのエピソードでその作品と人柄を語る。

 (朝日新聞出版 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  4. 4

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る