「日本核武装」(上・下)高嶋哲夫著

公開日:  更新日:

 2年間のアメリカ留学から帰国した防衛省の真名瀬は、上司の小野寺防衛政策局次長から極秘リポートを見せられる。リポートは日本の核武装のための詳細な計画書だった。前日、交通事故で意識不明となった職員の館山の所持品から見つかった。リポートの存在が公になれば、政権は崩壊し、周辺諸国から糾弾され、国際社会で日本の孤立は免れない。リポートの存在は、まだ総理を含め数人しか知らないという。

 館山が所属していた防衛省科学技術本部に後任として配属された真名瀬は、内密にリポートを作成した人物やその目的を探り始める。やがて真名瀬は、自衛隊元幹部らが関わり、核爆弾が完成間近であることを知る。

 日本の核武装というタブーに挑んだ問題作。(幻冬舎 各600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

  7. 7

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  8. 8

    冬巡業も数日間のみ 稀勢の里は1月場所休場ならジ・エンド

  9. 9

    46歳アンナが心配で…引退報道を一蹴した梅宮辰夫の胸の内

  10. 10

    菊池雄星争奪戦 カネ以外のポイントは球場内の環境にあり

もっと見る