「日本核武装」(上・下)高嶋哲夫著

公開日:  更新日:

 2年間のアメリカ留学から帰国した防衛省の真名瀬は、上司の小野寺防衛政策局次長から極秘リポートを見せられる。リポートは日本の核武装のための詳細な計画書だった。前日、交通事故で意識不明となった職員の館山の所持品から見つかった。リポートの存在が公になれば、政権は崩壊し、周辺諸国から糾弾され、国際社会で日本の孤立は免れない。リポートの存在は、まだ総理を含め数人しか知らないという。

 館山が所属していた防衛省科学技術本部に後任として配属された真名瀬は、内密にリポートを作成した人物やその目的を探り始める。やがて真名瀬は、自衛隊元幹部らが関わり、核爆弾が完成間近であることを知る。

 日本の核武装というタブーに挑んだ問題作。(幻冬舎 各600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る