「日本核武装」(上・下)高嶋哲夫著

公開日: 更新日:

 2年間のアメリカ留学から帰国した防衛省の真名瀬は、上司の小野寺防衛政策局次長から極秘リポートを見せられる。リポートは日本の核武装のための詳細な計画書だった。前日、交通事故で意識不明となった職員の館山の所持品から見つかった。リポートの存在が公になれば、政権は崩壊し、周辺諸国から糾弾され、国際社会で日本の孤立は免れない。リポートの存在は、まだ総理を含め数人しか知らないという。

 館山が所属していた防衛省科学技術本部に後任として配属された真名瀬は、内密にリポートを作成した人物やその目的を探り始める。やがて真名瀬は、自衛隊元幹部らが関わり、核爆弾が完成間近であることを知る。

 日本の核武装というタブーに挑んだ問題作。(幻冬舎 各600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  4. 4

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  5. 5

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  6. 6

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  7. 7

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  8. 8

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  9. 9

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  10. 10

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

もっと見る