• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「日本核武装」(上・下)高嶋哲夫著

 2年間のアメリカ留学から帰国した防衛省の真名瀬は、上司の小野寺防衛政策局次長から極秘リポートを見せられる。リポートは日本の核武装のための詳細な計画書だった。前日、交通事故で意識不明となった職員の館山の所持品から見つかった。リポートの存在が公になれば、政権は崩壊し、周辺諸国から糾弾され、国際社会で日本の孤立は免れない。リポートの存在は、まだ総理を含め数人しか知らないという。

 館山が所属していた防衛省科学技術本部に後任として配属された真名瀬は、内密にリポートを作成した人物やその目的を探り始める。やがて真名瀬は、自衛隊元幹部らが関わり、核爆弾が完成間近であることを知る。

 日本の核武装というタブーに挑んだ問題作。(幻冬舎 各600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ベトナムに完封負けも…森保U-21代表は優勝候補の韓国回避

もっと見る