「問題児」山川健一著

公開日: 更新日:

 東日本大震災が起きたとき、楽天三木谷浩史社長は10億円を寄付し、脱原発宣言をして経団連から脱退した。新聞も政治も当てにならないなか、三木谷浩史は未来を見せてくれる希少な人物ではないかと著者は注目する。

 三木谷は一橋大学から興銀へ、さらにハーバード大学に進んだエリートだが、中学時代にたばこ、競馬、パチンコ、麻雀に入れ込み、父親の財布から金をくすねるという問題児だった。

 成績が5段階評価の2と3でも両親は怒らなかったが、父が備前の名刀を振りかざし、三木谷に短刀で腹を切れと迫ったこともあったという。

 日本を代表する実業家と、彼を育てた家庭の実像に迫る一冊。

 (幻冬舎 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  2. 2

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  3. 3

    青木会長も力不足 男子ツアーV賞金は1000万円でも高すぎる

  4. 4

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  5. 5

    近藤真彦「退所」は“戦力外通告” 芸能活動継続には暗雲が

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    竹野内豊「イチケイのカラス」の成功に悲恋…続編期待の声

  8. 8

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  9. 9

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  10. 10

    どうする渋野 来季米ツアー切符「3つの方法」はすべて難関

もっと見る

人気キーワード