• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「問題児」山川健一著

 東日本大震災が起きたとき、楽天の三木谷浩史社長は10億円を寄付し、脱原発宣言をして経団連から脱退した。新聞も政治も当てにならないなか、三木谷浩史は未来を見せてくれる希少な人物ではないかと著者は注目する。

 三木谷は一橋大学から興銀へ、さらにハーバード大学に進んだエリートだが、中学時代にたばこ、競馬、パチンコ、麻雀に入れ込み、父親の財布から金をくすねるという問題児だった。

 成績が5段階評価の2と3でも両親は怒らなかったが、父が備前の名刀を振りかざし、三木谷に短刀で腹を切れと迫ったこともあったという。

 日本を代表する実業家と、彼を育てた家庭の実像に迫る一冊。

 (幻冬舎 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  2. 2

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  3. 3

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  4. 4

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  5. 5

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  8. 8

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  9. 9

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  10. 10

    幼児教育無償化のウラに…安倍政権の意地悪な“分断政策”が

もっと見る