「問題児」山川健一著

公開日:  更新日:

 東日本大震災が起きたとき、楽天の三木谷浩史社長は10億円を寄付し、脱原発宣言をして経団連から脱退した。新聞も政治も当てにならないなか、三木谷浩史は未来を見せてくれる希少な人物ではないかと著者は注目する。

 三木谷は一橋大学から興銀へ、さらにハーバード大学に進んだエリートだが、中学時代にたばこ、競馬、パチンコ、麻雀に入れ込み、父親の財布から金をくすねるという問題児だった。

 成績が5段階評価の2と3でも両親は怒らなかったが、父が備前の名刀を振りかざし、三木谷に短刀で腹を切れと迫ったこともあったという。

 日本を代表する実業家と、彼を育てた家庭の実像に迫る一冊。

 (幻冬舎 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る