「問題児」山川健一著

公開日: 更新日:

 東日本大震災が起きたとき、楽天の三木谷浩史社長は10億円を寄付し、脱原発宣言をして経団連から脱退した。新聞も政治も当てにならないなか、三木谷浩史は未来を見せてくれる希少な人物ではないかと著者は注目する。

 三木谷は一橋大学から興銀へ、さらにハーバード大学に進んだエリートだが、中学時代にたばこ、競馬、パチンコ、麻雀に入れ込み、父親の財布から金をくすねるという問題児だった。

 成績が5段階評価の2と3でも両親は怒らなかったが、父が備前の名刀を振りかざし、三木谷に短刀で腹を切れと迫ったこともあったという。

 日本を代表する実業家と、彼を育てた家庭の実像に迫る一冊。

 (幻冬舎 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  2. 2

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  3. 3

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  4. 4

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  5. 5

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  6. 6

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  7. 7

    コロナ対策の休業補償 あからさまな夜職差別に批判殺到

  8. 8

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  9. 9

    長女も高級ブランド路線…工藤静香に指摘される“バブル臭”

  10. 10

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

もっと見る