• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「身代わり忠臣蔵」土橋章宏著

 時は元禄14年。呉服橋近くにある武家屋敷で吉良上野介は、いらだちを募らせていた。

 50歳を過ぎた末弟・孝証がたびたび金の無心をするが、一度も返したことがない。赤穂藩主の浅野内匠頭も指南料をよこさず、そのことも頭にきていた。

 そんなさなか、江戸城の松の廊下で吉良上野介は、浅野内匠頭に斬りつけられ、意識不明になってしまう。

 そこで白羽の矢が立ったのが、上野介にそっくりな孝証だ。兄の身代わりになり、お上の取り調べをこなし、やれやれと思ったときに兄は死亡。“上野介”として何不自由ない生活を送る孝証だったが、やがて、切腹を命じられた浅野内匠頭を慕う赤穂浪士の敵討ちを耳にし……。

 替え玉人生の極楽と地獄を描く新・忠臣蔵物語。

 (幻冬舎 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  4. 4

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  5. 5

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  8. 8

    佐喜真氏はなぜ沖縄県知事選で日本会議との関係を隠すのか

  9. 9

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  10. 10

    ツアーを長く支えた主催者との良好関係を小林会長ブチ壊し

もっと見る