「身代わり忠臣蔵」土橋章宏著

公開日: 更新日:

 時は元禄14年。呉服橋近くにある武家屋敷で吉良上野介は、いらだちを募らせていた。

 50歳を過ぎた末弟・孝証がたびたび金の無心をするが、一度も返したことがない。赤穂藩主の浅野内匠頭も指南料をよこさず、そのことも頭にきていた。

 そんなさなか、江戸城の松の廊下で吉良上野介は、浅野内匠頭に斬りつけられ、意識不明になってしまう。

 そこで白羽の矢が立ったのが、上野介にそっくりな孝証だ。兄の身代わりになり、お上の取り調べをこなし、やれやれと思ったときに兄は死亡。“上野介”として何不自由ない生活を送る孝証だったが、やがて、切腹を命じられた浅野内匠頭を慕う赤穂浪士の敵討ちを耳にし……。

 替え玉人生の極楽と地獄を描く新・忠臣蔵物語。

 (幻冬舎 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  3. 3

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  4. 4

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  7. 7

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  8. 8

    「やじうまワイド」でMC 58歳の玉利かおるさんは今何を?

  9. 9

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

  10. 10

    “私立小御三家”から転落しかねない…学習院初等科の危機

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る