「身代わり忠臣蔵」土橋章宏著

公開日:  更新日:

 時は元禄14年。呉服橋近くにある武家屋敷で吉良上野介は、いらだちを募らせていた。

 50歳を過ぎた末弟・孝証がたびたび金の無心をするが、一度も返したことがない。赤穂藩主の浅野内匠頭も指南料をよこさず、そのことも頭にきていた。

 そんなさなか、江戸城の松の廊下で吉良上野介は、浅野内匠頭に斬りつけられ、意識不明になってしまう。

 そこで白羽の矢が立ったのが、上野介にそっくりな孝証だ。兄の身代わりになり、お上の取り調べをこなし、やれやれと思ったときに兄は死亡。“上野介”として何不自由ない生活を送る孝証だったが、やがて、切腹を命じられた浅野内匠頭を慕う赤穂浪士の敵討ちを耳にし……。

 替え玉人生の極楽と地獄を描く新・忠臣蔵物語。

 (幻冬舎 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

もっと見る