• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「最高のおもてなし!」竹田新著

 日本で最も有名な豪華客船といわれた「竜王丸」は、第2次世界大戦時に敵の魚雷で沈没した。しかしその際、乗船していた乗組員のほとんどが無事だったことから、奇跡の船とも呼ばれていた。そんな伝説の船が沈没してから75年、当時のおもかげをそのままに、竜王丸が再現されることになった。

 フリーの雑誌記者・芝田大五郎は、竜王丸にまつわる記事を子ども向けオカルト雑誌に書くため、セレモニーが行われる2017年7月10日に新生竜王丸の進水式に出向く。

 芝田の脳裏には、ある老人が書き残した竜王丸でタイムスリップしたという手記の真相を確かめたいという思いがあった。

 幼少期から子役として小劇場の舞台に立ち、山野海の名で女優としても活躍しながら、劇団「ふくふくや」の脚本や劇団「ゴツプロ」の演出・作家としても活動する著者の初めての小説。過去と未来が錯綜する「竜王丸」を舞台に、個性的な人々の人生模様がユーモラスに描かれている。(幻冬舎 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  3. 3

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  6. 6

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  7. 7

    不明朗な土地取引 モリカケそっくり事件が全国に飛び火

  8. 8

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  9. 9

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  10. 10

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

もっと見る