「最高のおもてなし!」竹田新著

公開日:  更新日:

 日本で最も有名な豪華客船といわれた「竜王丸」は、第2次世界大戦時に敵の魚雷で沈没した。しかしその際、乗船していた乗組員のほとんどが無事だったことから、奇跡の船とも呼ばれていた。そんな伝説の船が沈没してから75年、当時のおもかげをそのままに、竜王丸が再現されることになった。

 フリーの雑誌記者・芝田大五郎は、竜王丸にまつわる記事を子ども向けオカルト雑誌に書くため、セレモニーが行われる2017年7月10日に新生竜王丸の進水式に出向く。

 芝田の脳裏には、ある老人が書き残した竜王丸でタイムスリップしたという手記の真相を確かめたいという思いがあった。

 幼少期から子役として小劇場の舞台に立ち、山野海の名で女優としても活躍しながら、劇団「ふくふくや」の脚本や劇団「ゴツプロ」の演出・作家としても活動する著者の初めての小説。過去と未来が錯綜する「竜王丸」を舞台に、個性的な人々の人生模様がユーモラスに描かれている。(幻冬舎 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る