「最高のおもてなし!」竹田新著

公開日:  更新日:

 日本で最も有名な豪華客船といわれた「竜王丸」は、第2次世界大戦時に敵の魚雷で沈没した。しかしその際、乗船していた乗組員のほとんどが無事だったことから、奇跡の船とも呼ばれていた。そんな伝説の船が沈没してから75年、当時のおもかげをそのままに、竜王丸が再現されることになった。

 フリーの雑誌記者・芝田大五郎は、竜王丸にまつわる記事を子ども向けオカルト雑誌に書くため、セレモニーが行われる2017年7月10日に新生竜王丸の進水式に出向く。

 芝田の脳裏には、ある老人が書き残した竜王丸でタイムスリップしたという手記の真相を確かめたいという思いがあった。

 幼少期から子役として小劇場の舞台に立ち、山野海の名で女優としても活躍しながら、劇団「ふくふくや」の脚本や劇団「ゴツプロ」の演出・作家としても活動する著者の初めての小説。過去と未来が錯綜する「竜王丸」を舞台に、個性的な人々の人生模様がユーモラスに描かれている。(幻冬舎 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る