「世界一簡単なスーツ選びの法則」MB著

公開日: 更新日:

 服には無関心という男性は多いが、あまたある自己改革法や幸せになる方法の中で「服」ほど瞬間的で簡単な方法はないと著者は言う。似合う服を着て変化が実感出来れば、その瞬間に内面が変わり始める。自信が持てるようになり、その自信によって行動も変わってくるからだ。本書は、スーツ姿が最速でおしゃれに見えるようになる指南書。

 スーツにおいて何よりも大切なのが「サイジング」。しかし、店員に聞いてジャストサイズにしてもカッコ悪くなる人が大半だという。それは裾丈と着丈のサイズが間違っているからだそうだ。

 スーツ選びの基本から、ダサくならないクールビズ、シーン別コーディネートまで。仕事に集中したいという人ほど読むべき。 (ポプラ社 1000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  3. 3

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  4. 4

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  5. 5

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    新型コロナ直撃でもトヨタは黒字確保 利益はどう捻出した

もっと見る