「教誨師」堀川惠子著

公開日: 更新日:

 死刑囚と対話を重ね、執行にも立ち会う教誨師を半世紀も続けてきた渡邉普相氏への聞き語り集。

 広島生まれの氏は、東京の浄土真宗の寺・當光寺に婿入りし、副住職となる。その寺で出会った福岡の僧侶、篠田に導かれ、28歳で教誨師に着任。教誨師は無報酬のボランティアで、その任の重さから氏ほど長年、続けてきた人はいないという。

 一杯の酒が飲みたいがために看守を殺して脱走し死刑宣告された山本勝美(仮名)、教誨室で刑に問われた以外の3件もの殺人を告白した連続殺人犯・白木雄一(同)、「お母さん、お母さん」と叫んで暴れ、刑務官によって強引に刑に処された横田和男(同)など。本人の死後に出版するとの条件で語られた死刑囚との最期の日々を克明に記す。
(講談社 720円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  2. 2

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  5. 5

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  6. 6

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  7. 7

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  8. 8

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  9. 9

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

  10. 10

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る