「教誨師」堀川惠子著

公開日: 更新日:

 死刑囚と対話を重ね、執行にも立ち会う教誨師を半世紀も続けてきた渡邉普相氏への聞き語り集。

 広島生まれの氏は、東京の浄土真宗の寺・當光寺に婿入りし、副住職となる。その寺で出会った福岡の僧侶、篠田に導かれ、28歳で教誨師に着任。教誨師は無報酬のボランティアで、その任の重さから氏ほど長年、続けてきた人はいないという。

 一杯の酒が飲みたいがために看守を殺して脱走し死刑宣告された山本勝美(仮名)、教誨室で刑に問われた以外の3件もの殺人を告白した連続殺人犯・白木雄一(同)、「お母さん、お母さん」と叫んで暴れ、刑務官によって強引に刑に処された横田和男(同)など。本人の死後に出版するとの条件で語られた死刑囚との最期の日々を克明に記す。
(講談社 720円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  4. 4

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  5. 5

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  6. 6

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  7. 7

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  8. 8

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  9. 9

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  10. 10

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

もっと見る