「教誨師」堀川惠子著

公開日:  更新日:

 死刑囚と対話を重ね、執行にも立ち会う教誨師を半世紀も続けてきた渡邉普相氏への聞き語り集。

 広島生まれの氏は、東京の浄土真宗の寺・當光寺に婿入りし、副住職となる。その寺で出会った福岡の僧侶、篠田に導かれ、28歳で教誨師に着任。教誨師は無報酬のボランティアで、その任の重さから氏ほど長年、続けてきた人はいないという。

 一杯の酒が飲みたいがために看守を殺して脱走し死刑宣告された山本勝美(仮名)、教誨室で刑に問われた以外の3件もの殺人を告白した連続殺人犯・白木雄一(同)、「お母さん、お母さん」と叫んで暴れ、刑務官によって強引に刑に処された横田和男(同)など。本人の死後に出版するとの条件で語られた死刑囚との最期の日々を克明に記す。
(講談社 720円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  9. 9

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  10. 10

    掛布氏と岡田氏は会話せず…阪神OB会に漂った微妙な空気

もっと見る