• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
香山リカ
著者のコラム一覧
香山リカ精神科医・立教大学現代心理学部映像身体学科教授

1960年、北海道生まれ。東京医科大卒。NHKラジオ「香山リカのココロの美容液」パーソナリティー。著書に「執着 生きづらさの正体」ほか多数。

「死刑こそが有効で重い処罰」は思い込み

「増補版ドキュメント死刑囚」篠田博之著

 日本人の8割強は、「死刑もやむを得ない」と考える死刑容認派だといわれる。現在、死刑が確定していまだ刑が執行されない「確定死刑囚」は127人。彼らは何を考え、どういう日々を送っているのか。それを知る手だては少ない。彼らの面会や文通は著しく制限されているからだ。

 著者である雑誌「創」の篠田編集長は、長年、受刑者たちと交流を続け、“塀の中から”の貴重な声を外に届ける活動をしてきた。本書で描かれているのは、世間の注目を集めた5つの殺人事件を起こし(たとされ)死刑囚となった5人の姿である。この中の宮崎勤、小林薫、宅間守、金川真大の死刑はすでに執行されており、驚くべきことに宮崎以外の3人は裁判で自ら極刑を望んだり控訴を取り下げたりしている。著者との面会や文通でも「『死刑』を望んでいる(小林)」「死刑になろうとなるまいと、死ぬまで殺し続けよう(金川)」と語る。また著者は、彼らの多くが家庭や社会から疎外されて育ち、「愛される」という経験を持たぬ人だということに気づく。

 著者は煩悶する。「死刑を望んで殺人を犯した人間に死刑を宣告することが、本当に彼を処罰したことになるのか」「重罪を犯した人間がそれを『償う』とはどういうことなのか」

 文庫版に新たに書き下ろされた終章では、ジャーナリズムの衰退とともに「社会への警告としての犯罪」という観点が失われつつあることへの危機感が語られる。「死刑こそが有効で重い処罰」との思い込みは社会の思考停止であり、司法やジャーナリズムの機能不全という著者の主張に全面的に同意する。そして、残念ながらとくにメディアの機能不全は進む一方。メディアが完全な“御用報道機関”になり果てるのを防ぎたい、と思う人にぜひ本書の一読をおすすめする。(筑摩書房 900円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  4. 4

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  5. 5

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  10. 10

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

もっと見る