「女たちの審判」紺野仲右ヱ門著

公開日:  更新日:

 刑務官を務める母里直はいとこの由紀子に懇願されて、死刑囚の梶山智樹にひそかに手紙を届け、由紀子が智樹の娘を産んだことを伝えた。智樹は一目、娘の顔を見たいと、親しくなった刑務官に頼んで糸鋸を手に入れ、窓の格子を切断して脱獄を図るが、看守に発見されて失敗に終わる。直はバス停で気分が悪くなった女性を助けるが、彼女は智樹に死刑判決を下した裁判官、羽田の妻だった。羽田は死刑を選択したことを悔やんでいた。やがて、智樹に死刑が執行される。

 心理研究職、刑務官としての経歴をもつ2人の著者が、共作で1人の死刑囚をめぐる人々の苦悩を描いた小説。(日本経済新聞出版社 1600円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る