「真実の檻」下村敦史著

公開日: 更新日:

 母の遺品を整理していた大学生の洋平は、天井裏に隠してあった手紙を読み、自分の本当の父親が赤嶺という男だと知る。育ててくれた父に確認すると、赤嶺の存在を承知で身重の母と結婚したらしい。洋平は父から赤嶺は交通事故で死んだと聞かされる。しかし、ネットで事故のことを調べると「赤嶺事件」がヒット。事件の概要を読んだ洋平は、検察官だった赤嶺が結婚を反対した母の両親、つまり洋平の祖父母を惨殺した死刑囚だと知る。死刑は執行されておらず、赤嶺はまだ生きていた。何も手につかず、ネットの情報をさまよう洋平は、赤嶺事件は冤罪の可能性があると記した雑誌の記事にたどりつく。

 乱歩賞作家が冤罪をテーマに描いたミステリー。(KADOKAWA 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  3. 3

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  4. 4

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  5. 5

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  6. 6

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  7. 7

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  8. 8

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  9. 9

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  10. 10

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

もっと見る

人気キーワード