• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「真実の檻」下村敦史著

 母の遺品を整理していた大学生の洋平は、天井裏に隠してあった手紙を読み、自分の本当の父親が赤嶺という男だと知る。育ててくれた父に確認すると、赤嶺の存在を承知で身重の母と結婚したらしい。洋平は父から赤嶺は交通事故で死んだと聞かされる。しかし、ネットで事故のことを調べると「赤嶺事件」がヒット。事件の概要を読んだ洋平は、検察官だった赤嶺が結婚を反対した母の両親、つまり洋平の祖父母を惨殺した死刑囚だと知る。死刑は執行されておらず、赤嶺はまだ生きていた。何も手につかず、ネットの情報をさまよう洋平は、赤嶺事件は冤罪の可能性があると記した雑誌の記事にたどりつく。

 乱歩賞作家が冤罪をテーマに描いたミステリー。(KADOKAWA 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  4. 4

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  5. 5

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  6. 6

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  7. 7

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  8. 8

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  9. 9

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  10. 10

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

もっと見る