「俳諧でぼろ儲け 浮世奉行と三悪人」田中啓文著

公開日:  更新日:

 大坂で「竹光屋」を営む雀丸は、近所に住む女侠客の鬼御前から賞金100両の句合わせが行われると耳にする。見つかった芭蕉の辞世の句の碑を作るための資金集めの句合わせらしい。雀丸に興味はないが、同居する祖母の加似江も鬼御前もやる気満々。5日後の締め切りを目指し、句作が始まる。一方、雀丸に竹光作りの依頼が舞い込む。居丈高な依頼人の武士・河野が持ち込んだ刀は、名刀「虎徹」だった。金に困っているらしい河野は、句合わせの引き札を目にとめ、自分も参加すると帰っていった。そこへ有名な俳諧師が雀丸を訪ねてくる。(表題作)

 町奉行の裁きを待っていられないこともある。そんなもめ事を裁断する「横町奉行」でもある雀丸が主人公の連作時代小説第2弾。

(集英社 720円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る