「俳諧でぼろ儲け 浮世奉行と三悪人」田中啓文著

公開日: 更新日:

 大坂で「竹光屋」を営む雀丸は、近所に住む女侠客の鬼御前から賞金100両の句合わせが行われると耳にする。見つかった芭蕉の辞世の句の碑を作るための資金集めの句合わせらしい。雀丸に興味はないが、同居する祖母の加似江も鬼御前もやる気満々。5日後の締め切りを目指し、句作が始まる。一方、雀丸に竹光作りの依頼が舞い込む。居丈高な依頼人の武士・河野が持ち込んだ刀は、名刀「虎徹」だった。金に困っているらしい河野は、句合わせの引き札を目にとめ、自分も参加すると帰っていった。そこへ有名な俳諧師が雀丸を訪ねてくる。(表題作)

 町奉行の裁きを待っていられないこともある。そんなもめ事を裁断する「横町奉行」でもある雀丸が主人公の連作時代小説第2弾。

(集英社 720円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  3. 3

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  4. 4

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  5. 5

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  6. 6

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  7. 7

    三田寛子を苛む成駒屋「好色の血」…今度は長男に二股疑惑

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    菅首相「大きなうねりではない」頭の中はコロナより外遊

  10. 10

    小室圭さん自己弁護の反論文書は安倍前首相の国会答弁同様

もっと見る

人気キーワード