「俳諧でぼろ儲け 浮世奉行と三悪人」田中啓文著

公開日:  更新日:

 大坂で「竹光屋」を営む雀丸は、近所に住む女侠客の鬼御前から賞金100両の句合わせが行われると耳にする。見つかった芭蕉の辞世の句の碑を作るための資金集めの句合わせらしい。雀丸に興味はないが、同居する祖母の加似江も鬼御前もやる気満々。5日後の締め切りを目指し、句作が始まる。一方、雀丸に竹光作りの依頼が舞い込む。居丈高な依頼人の武士・河野が持ち込んだ刀は、名刀「虎徹」だった。金に困っているらしい河野は、句合わせの引き札を目にとめ、自分も参加すると帰っていった。そこへ有名な俳諧師が雀丸を訪ねてくる。(表題作)

 町奉行の裁きを待っていられないこともある。そんなもめ事を裁断する「横町奉行」でもある雀丸が主人公の連作時代小説第2弾。

(集英社 720円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る