「雅や京ノ介 討幕の密勅」麻倉一矢著

公開日:  更新日:

 将軍・家治の治世、先々代・桜町帝の隠し子・京ノ介は、花売りに身をやつし、連れ去られた母・麻衣の行方を捜していた。数カ月前、京ノ介は京都所司代を務めた牧野英成の藩邸に押し込み、幕府の密偵だった母の所在を詰問。報復に京ノ介が長屋で開いていた私塾「雅や」に役人の手入れが入り、花売りとなったのだ。ある日、京から公家の西園寺賞季と徳大寺篤子が京ノ介を訪ねてくる。2人は、十数年前に相次いで崩御した桜町上皇と桃園帝が幕府によって殺害された可能性があると告げ、京ノ介に2人の王政復古の遺志を継ぐよう語る。京ノ介は、母の探索とともに父と兄の死の真相を調べ始める。

 帝の落とし胤・京ノ介を主人公にした時代小説シリーズ第3弾。

(徳間書店 660円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る