「雅や京ノ介 討幕の密勅」麻倉一矢著

公開日: 更新日:

 将軍・家治の治世、先々代・桜町帝の隠し子・京ノ介は、花売りに身をやつし、連れ去られた母・麻衣の行方を捜していた。数カ月前、京ノ介は京都所司代を務めた牧野英成の藩邸に押し込み、幕府の密偵だった母の所在を詰問。報復に京ノ介が長屋で開いていた私塾「雅や」に役人の手入れが入り、花売りとなったのだ。ある日、京から公家の西園寺賞季と徳大寺篤子が京ノ介を訪ねてくる。2人は、十数年前に相次いで崩御した桜町上皇と桃園帝が幕府によって殺害された可能性があると告げ、京ノ介に2人の王政復古の遺志を継ぐよう語る。京ノ介は、母の探索とともに父と兄の死の真相を調べ始める。

 帝の落とし胤・京ノ介を主人公にした時代小説シリーズ第3弾。

(徳間書店 660円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  2. 2

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  3. 3

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  4. 4

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  5. 5

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  6. 6

    預金封鎖、資産税、暗号資産、ハイパーインフレを警戒せよ

  7. 7

    8カ月で復帰したビートたけしと徳井義実の“決定的な違い”

  8. 8

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  9. 9

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  10. 10

    小川彩佳「NEWS23」産休から復帰も…早くもリストラ降板説

もっと見る

人気キーワード