「雅や京ノ介 討幕の密勅」麻倉一矢著

公開日: 更新日:

 将軍・家治の治世、先々代・桜町帝の隠し子・京ノ介は、花売りに身をやつし、連れ去られた母・麻衣の行方を捜していた。数カ月前、京ノ介は京都所司代を務めた牧野英成の藩邸に押し込み、幕府の密偵だった母の所在を詰問。報復に京ノ介が長屋で開いていた私塾「雅や」に役人の手入れが入り、花売りとなったのだ。ある日、京から公家の西園寺賞季と徳大寺篤子が京ノ介を訪ねてくる。2人は、十数年前に相次いで崩御した桜町上皇と桃園帝が幕府によって殺害された可能性があると告げ、京ノ介に2人の王政復古の遺志を継ぐよう語る。京ノ介は、母の探索とともに父と兄の死の真相を調べ始める。

 帝の落とし胤・京ノ介を主人公にした時代小説シリーズ第3弾。

(徳間書店 660円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  3. 3

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  4. 4

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  7. 7

    「やじうまワイド」でMC 58歳の玉利かおるさんは今何を?

  8. 8

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  9. 9

    “私立小御三家”から転落しかねない…学習院初等科の危機

  10. 10

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る