「人生はおもしろがった人の勝ち」萩本欽一著

公開日:  更新日:

 欽ちゃんはかっこいい女性とデートしたことがない。緊張して誘えないのだが、デートするなら半分やけくそに生きているような女性がいいという。そして、恋人ではないが、恋人のような話をするのだ。

「あんたも大変だね。もう結構な年なのに、結婚しないの?」

「結婚して、そこから脱出するためにこんなことをしているの」

 その女性が借金した話や浮気された話を問わず語りに話すのを、大変だねと言いながら聞いていると、いい映画を見ているような気分になってくるという。(「人生で唯一の忘れものは、女性とデートしたことがないこと」)

 73歳で大学生になった欽ちゃんが、人生を楽しむコツを教えてくれる、肩の力が抜けたエッセー。 (大和書房 1100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    ついに撤回運動…山手線新駅「高輪ゲートウェイ」変更は?

もっと見る