• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ダメなやつほどダメじゃない」萩本欽一著

 1941年生まれの萩本欽一は、恵まれた子供時代を過ごしていたが、戦後、父親の会社が倒産し、一家は離散。金を稼いで母親孝行をするため、喜劇役者になろうと決めた氏は、中学を卒業して「デン助」こと大宮敏充に弟子入りを志願する。しかし、高校を卒業してから出直すよう諭され、高校卒業後はストリップ劇場の研究生となる。後にコント55号を組む坂上二郎との最悪の出会い、コンビ結成から解消までの日々、視聴率30%を連発した番組作りの舞台裏、家庭のこと、そして74歳で社会人入学したキャンパスライフまで。面白く、ちょっと切ない欽ちゃん節全開。「視聴率100%男」と呼ばれた国民的コメディアンの自伝。(日本経済新聞出版社 1500円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事