「ダメなやつほどダメじゃない」萩本欽一著

公開日:  更新日:

 1941年生まれの萩本欽一は、恵まれた子供時代を過ごしていたが、戦後、父親の会社が倒産し、一家は離散。金を稼いで母親孝行をするため、喜劇役者になろうと決めた氏は、中学を卒業して「デン助」こと大宮敏充に弟子入りを志願する。しかし、高校を卒業してから出直すよう諭され、高校卒業後はストリップ劇場の研究生となる。後にコント55号を組む坂上二郎との最悪の出会い、コンビ結成から解消までの日々、視聴率30%を連発した番組作りの舞台裏、家庭のこと、そして74歳で社会人入学したキャンパスライフまで。面白く、ちょっと切ない欽ちゃん節全開。「視聴率100%男」と呼ばれた国民的コメディアンの自伝。(日本経済新聞出版社 1500円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る