『「長生き時代」を生きる』小澤利男、落合恵子、加賀乙彦著

公開日: 更新日:

 100歳人口が5万人を超えた日本。しかし、亡くなる直前まで完全なる健康体という人はほとんどおらず、病気と向き合いつつも人生を楽しむ生き方が求められる時代だ。本書では、老年医学の権威や作家らが、長寿大国での生き方について語り合っている。

 脳梗塞と認知症、そして運動器の疾患が増えるロコモティブシンドロームが「3大長生き病」と呼ばれ、長生きすればするほどこれらを防ぐことは不可能になってくる。しかし、“健康感”を維持することはできる。その要素となるのが、視力と聴力に支障がないこと、80歳で自分の歯が20本以上残っていること、学習意欲を持つことなどだと本書。

 高齢者に必要な医療や、死への心構えなどについても言及している。

(集英社 1200円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  4. 4

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  5. 5

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  6. 6

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  7. 7

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

  8. 8

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  9. 9

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  10. 10

    静岡で初確認の変異種は経路不明…首都圏・関西に蔓延危機

もっと見る

人気キーワード