• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「欽ちゃんの、ボクはボケない大学生。」萩本欽一著

 物忘れが多くなってきた欽ちゃんは、認知症予防のために73歳で大学を受験して大学生になった。入学したのは駒沢大学仏教学部。茨城ゴールデンゴールズの監督をしていたときに知り合った中畑清の母校で、仏教を学んで仏教の中にあるすてきな言葉を知り、番組作りに生かしていきたいと思ったのだ。本書は、大学生活を送ることになった欽ちゃんの最初の1年間をつづった一冊だ。

 そっと出席するつもりがマスコミのカメラが入ってしまった入学式、オリエンテーションで戸惑う自分にレクチャーしてくれた同級生、どうせ来ないのでは……という周囲の予想を裏切って毎日一番前の席をキープしている講義、初めての学食体験、若者に聞いたアルバイトや就活事情などなど、年長の新参者は新鮮な目で大学生活をフルに味わう。途中、駅伝のスペシャルサポーターに任命された経緯やその中での出会いも語られる。

 年を重ねてから新しいことに挑戦する姿が読み手を触発する。(文藝春秋 1400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る