「恩讐の鎮魂曲(レクイエム)」中山七里著

公開日:  更新日:

 人殺しの過去を法廷で暴かれ、仕事が激減した弁護士の御子柴は、医療少年院で世話になった教官の稲見が殺人容疑で逮捕されたことを知る。老人ホームに入所していた稲見が、介護士の栃野を花瓶で殴って殺したというのだ。御子柴は恩師の力になろうとするが、稲見は面会も拒否。それでも強引に稲見の国選弁護士となった御子柴は、現場の老人ホームに乗り込む。しかし、稲見は罪を認めており、関係者の証言も稲見の供述通りだった。

 そんな中、御子柴は栃野が10年前の旅客船沈没事故で女性から救命胴衣を奪って生き延びた男だと知る。事故後、栃野は裁判にかけられるが、「緊急避難」が適用され無罪になっていた。

 人気沸騰のリーガルサスペンスの第3弾。

 (講談社 730円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る