• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「悪徳の輪舞曲」中山七里著

 御子柴礼司は、14歳のときに近所の幼女を殺害し、遺体の各部位を郵便ポストやさい銭箱に配って回ったことから〈死体配達人〉と呼ばれ世間を驚愕させた。医療少年院を出所後、弁護士資格を取得。やり方と報酬額は悪辣だが、百戦百勝の凄腕という弁護士・御子柴礼司シリーズの第4弾。

 御子柴のもとを訪れたのは、あの事件以来30年ぶりに再会する妹の梓。母の郁美が再婚した夫を自殺に見せかけて殺害した容疑で逮捕された。郁美が〈死体配達人〉の母だと分かるとどの弁護士からも断られ、仕方なく御子柴を頼ってきたのだ。依頼人が誰であろうと情にとらわれることなく冷徹に処理をするのが信条の御子柴だが、今回はいや応なく自らの過去がまとわりつく。おまけに御子柴の逮捕後に自殺を図った父の事件と今回の事件とが関連があるらしいことを知る……。

 過去ときっぱり縁を切ったはずの御子柴だが、実の母を前に冷酷非情さを貫き通すことができるのか? シリーズの転回点となるだろう問題作。

 (講談社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  3. 3

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  4. 4

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  5. 5

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  6. 6

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  7. 7

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  8. 8

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  9. 9

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  10. 10

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

もっと見る