「悪徳の輪舞曲」中山七里著

公開日: 更新日:

 御子柴礼司は、14歳のときに近所の幼女を殺害し、遺体の各部位を郵便ポストやさい銭箱に配って回ったことから〈死体配達人〉と呼ばれ世間を驚愕させた。医療少年院を出所後、弁護士資格を取得。やり方と報酬額は悪辣だが、百戦百勝の凄腕という弁護士・御子柴礼司シリーズの第4弾。

 御子柴のもとを訪れたのは、あの事件以来30年ぶりに再会する妹の梓。母の郁美が再婚した夫を自殺に見せかけて殺害した容疑で逮捕された。郁美が〈死体配達人〉の母だと分かるとどの弁護士からも断られ、仕方なく御子柴を頼ってきたのだ。依頼人が誰であろうと情にとらわれることなく冷徹に処理をするのが信条の御子柴だが、今回はいや応なく自らの過去がまとわりつく。おまけに御子柴の逮捕後に自殺を図った父の事件と今回の事件とが関連があるらしいことを知る……。

 過去ときっぱり縁を切ったはずの御子柴だが、実の母を前に冷酷非情さを貫き通すことができるのか? シリーズの転回点となるだろう問題作。

 (講談社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  2. 2

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  3. 3

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  4. 4

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  5. 5

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  6. 6

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  7. 7

    スギ薬局会長にワクチン優先予約 市が“特別扱い”した理由

  8. 8

    ワクチン大規模接種センター 旅行代理店に業務委託のナゼ

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

もっと見る

人気キーワード