• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「護られなかった者たちへ」中山七里著

 仙台市の老朽化した無人アパートから四肢の自由を奪われ口をふさがれた餓死死体が発見された。被害者は同市の福祉保健事務所課長の三雲。飲まず食わずで放置されるという残忍な手口から怨恨の線で捜査が進められたが、三雲は公私ともに人格者として知られており、物取りの可能性も低い。

 確たる手がかりのない中、今度は県会議員の城之内が同様の手口で殺害される。こちらも清廉潔白を絵に描いたような人物。三雲と城之内の関係を洗っているうちに、服役を終えたばかりの利根という男が浮かび上がってくる。利根は8年前に、知り合いの老婦人の生活保護申請を巡って福祉事務所に乗り込み、暴行の揚げ句事務所に放火したのだ。“善人”とされる2人と利根の間に何があったのか……。

 本書で描かれているのは、日本の生活保護政策の暗部である。法と不法、善と悪、正義と不正、罪と罰といった相反するものが複雑に入り組んでいる福祉行政の現場の問題点を、ミステリーの視点から暴き出した問題作。(NHK出版 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  7. 7

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る