「相続の落とし穴!共有名義不動産」松原昌洙著

公開日:  更新日:

 親から子へと相続される不動産。相続の仕方には分割と共有という2つの形がある。うまく分割できれば良いのだが、それができなくて共有という形になるとさまざまな問題が起こってくる。

 例えば3人きょうだいが相続、それぞれの思惑が違って、身動きが取れなくなったような場合、しかたなしに共有という形になる。現状維持だ。ただ必ずお金の問題がかかわってくる。税金であったり、賃貸物件なら家賃収入の問題だったりする。しかもこの共有名義不動産が親↓子↓孫と代が進むにつれ共有する人数がどんどん増え、中には居所が分からなくなる人も出てくる。都内でも増えている持ち主の分からない空き家など社会問題化している。

 本書ではそうした問題をいくつも解決してきたプロがその対処法を提示している。

(合同フォレスト 1500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

もっと見る