「相続の落とし穴!共有名義不動産」松原昌洙著

公開日: 更新日:

 親から子へと相続される不動産。相続の仕方には分割と共有という2つの形がある。うまく分割できれば良いのだが、それができなくて共有という形になるとさまざまな問題が起こってくる。

 例えば3人きょうだいが相続、それぞれの思惑が違って、身動きが取れなくなったような場合、しかたなしに共有という形になる。現状維持だ。ただ必ずお金の問題がかかわってくる。税金であったり、賃貸物件なら家賃収入の問題だったりする。しかもこの共有名義不動産が親↓子↓孫と代が進むにつれ共有する人数がどんどん増え、中には居所が分からなくなる人も出てくる。都内でも増えている持ち主の分からない空き家など社会問題化している。

 本書ではそうした問題をいくつも解決してきたプロがその対処法を提示している。

(合同フォレスト 1500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  2. 2

    「主戦場」デザキ監督 右派の一貫性のなさを見せたかった

  3. 3

    慶応幼稚舎の教育を国内最高峰と勘違いする生徒たち

  4. 4

    仙道敦子は脇役で存在感だが…夫・緒形直人の気になる今

  5. 5

    学級崩壊寸前の学校も “ブランド公立小学校”の理想と現実

  6. 6

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  7. 7

    52歳娘の仕送りで困窮…ひきこもり長引かせた86歳父の地獄

  8. 8

    中学受験とお金<下>成功の秘訣は外遊びと毎日のドリル習慣

  9. 9

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  10. 10

    NHK朝ドラ「なつぞら」には華麗な実在モデルがいる!

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る