「獣でなぜ悪い」園子温著

公開日:  更新日:

 吉高由里子や満島ひかりを見いだした映画監督による自由論。

 若手女優に壁を突破させた作品で高い評価を得てきた著者は、アイドルなど若くてかわいい女性にしか需要がない最近の日本は保守的で「息苦しい」と批判する。対して、哲学者シモーヌ・ヴェイユから京マチ子、歌手のビヨンセやアデルまで、古今東西の魅力的な女性像を多数紹介。魅力の核となるのは他人と違う中身、生きざまの美しさであり、自由で力強い女性こそセクシーだという。

 自分たちを不自由にする「透明な檻」に気づいてさえいない男性に比べて、女性は自覚的だそう。誰もが自由を謳歌するために、人生をどう闘うべきか。自身の生い立ちや影響を受けた文学作品、映画の撮影秘話なども交えながら、縦横無尽に語り尽くす。

(文藝春秋 1200円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

もっと見る