「芸は人なり、人生は笑いあり」桂歌丸著

公開日:  更新日:

 今月2日に81歳で死去した落語家・桂歌丸が、ここ数年の高座の中からお気に入りの演目を厳選して収めた歌丸ばなしシリーズ第2弾。

 収録されているのは、「後生鰻」「小間物屋政談」「ねずみ」などの名演8席。「ようこそおいでをいただきまして、どうぞごゆっくりとお遊びのほどお願い申し上げます」などの口上から始まる歌丸落語が、思う存分楽しめる。

 最近の高座ということもあって、酸素吸入の管をつけ、舞台の袖から座布団まで歩くことさえ困難ななかで軽妙に始まる、枕の見事さにも舌を巻く。演目が終わるごとに「噺のはなし」という解説つき。落語の由来や、高座にかけるにあたっての歌丸ならではの工夫やエピソードなどが語られており、落語に詳しくない人にとってもわかりやすい。ページをめくるごとに、一生を懸けて磨き上げた落語の芸の素晴らしさを感じること必至。もう生では聞くことのできないあの口調や間合いが、活字の中から立ち上ってくる。

(ポプラ社 1200円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  10. 10

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

もっと見る