「芸は人なり、人生は笑いあり」桂歌丸著

公開日:  更新日:

 今月2日に81歳で死去した落語家・桂歌丸が、ここ数年の高座の中からお気に入りの演目を厳選して収めた歌丸ばなしシリーズ第2弾。

 収録されているのは、「後生鰻」「小間物屋政談」「ねずみ」などの名演8席。「ようこそおいでをいただきまして、どうぞごゆっくりとお遊びのほどお願い申し上げます」などの口上から始まる歌丸落語が、思う存分楽しめる。

 最近の高座ということもあって、酸素吸入の管をつけ、舞台の袖から座布団まで歩くことさえ困難ななかで軽妙に始まる、枕の見事さにも舌を巻く。演目が終わるごとに「噺のはなし」という解説つき。落語の由来や、高座にかけるにあたっての歌丸ならではの工夫やエピソードなどが語られており、落語に詳しくない人にとってもわかりやすい。ページをめくるごとに、一生を懸けて磨き上げた落語の芸の素晴らしさを感じること必至。もう生では聞くことのできないあの口調や間合いが、活字の中から立ち上ってくる。

(ポプラ社 1200円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る