「芸は人なり、人生は笑いあり」桂歌丸著

公開日: 更新日:

 今月2日に81歳で死去した落語家・桂歌丸が、ここ数年の高座の中からお気に入りの演目を厳選して収めた歌丸ばなしシリーズ第2弾。

 収録されているのは、「後生鰻」「小間物屋政談」「ねずみ」などの名演8席。「ようこそおいでをいただきまして、どうぞごゆっくりとお遊びのほどお願い申し上げます」などの口上から始まる歌丸落語が、思う存分楽しめる。

 最近の高座ということもあって、酸素吸入の管をつけ、舞台の袖から座布団まで歩くことさえ困難ななかで軽妙に始まる、枕の見事さにも舌を巻く。演目が終わるごとに「噺のはなし」という解説つき。落語の由来や、高座にかけるにあたっての歌丸ならではの工夫やエピソードなどが語られており、落語に詳しくない人にとってもわかりやすい。ページをめくるごとに、一生を懸けて磨き上げた落語の芸の素晴らしさを感じること必至。もう生では聞くことのできないあの口調や間合いが、活字の中から立ち上ってくる。

(ポプラ社 1200円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  4. 4

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  5. 5

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  6. 6

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  7. 7

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  8. 8

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  9. 9

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  10. 10

    「球界の小泉純一郎」古田敦也のヤクルト監督復帰はある?

もっと見る