「イヨッたっぷり!」高田文夫著、佐野文二郎絵

公開日:  更新日:

「笑点」50周年は「お疲れさま歌丸」に始まり、「師・こん平のために走りますと涙のたい平」と、お涙ちょうだいモードになりかけたところをアモーレ円楽がやってくれた。フライデーの記事によると、銀座でそばを食べてマッサージ、錦糸町のラブホテルで不倫、で4500円。記者会見は帝国ホテルだったが、どうして錦糸町かを問われて「オレ地元だから」と。“70歳近い噺家のやったこと、ガタガタ言うほうがやぼ”と週刊誌に書いたら、円楽に「ああいうふうに書いてもらってすっかり楽になりました」と礼を言われた。そのときもらった名刺に「次の円生」と書いてあった。おいおい……。

 佐野の描いた似顔絵付きの大衆芸能図鑑2。

 (小学館 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  8. 8

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

もっと見る