「イヨッたっぷり!」高田文夫著、佐野文二郎絵

公開日: 更新日:

「笑点」50周年は「お疲れさま歌丸」に始まり、「師・こん平のために走りますと涙のたい平」と、お涙ちょうだいモードになりかけたところをアモーレ円楽がやってくれた。フライデーの記事によると、銀座でそばを食べてマッサージ、錦糸町のラブホテルで不倫、で4500円。記者会見は帝国ホテルだったが、どうして錦糸町かを問われて「オレ地元だから」と。“70歳近い噺家のやったこと、ガタガタ言うほうがやぼ”と週刊誌に書いたら、円楽に「ああいうふうに書いてもらってすっかり楽になりました」と礼を言われた。そのときもらった名刺に「次の円生」と書いてあった。おいおい……。

 佐野の描いた似顔絵付きの大衆芸能図鑑2。

 (小学館 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  4. 4

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  5. 5

    戸田恵梨香「東出昌大共演NG」に疑問 本人の意思なのか?

  6. 6

    石破茂氏はどこへ…悲愴の派閥会長辞任から立て直せるのか

  7. 7

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

  8. 8

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  9. 9

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

  10. 10

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

もっと見る

人気キーワード