• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「落語と川柳」長井好弘著

■川柳は過去ワープの「特急列車」

 落語と川柳の切っても切れない関係をうんちくとともにつづった落語本。昭和5年、川柳作家の坊野寿山の呼びかけで、4代目小さんや5代目円生ら10余人の噺家が集まり、川柳会「鹿連会」が発足。自然消滅した会は、戦後、6代目円生が幹事役となり復活し、後続の句会も続々と誕生したという。鹿連会に足しげく通った8代目文楽など、会の噺家らがつくった川柳と彼らにまつわるエピソードを紹介。川柳は噺家にとって、客をあっという間に江戸や明治へワープさせることのできる「特急列車」だと著者はいう。落語の中に登場する川柳や、古川柳に導かれ江戸や明治の情緒が残る東京散歩など、さまざまな趣向で、両者の関係を解き明かしていく。
(白水社 2300円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  4. 4

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    サザン桑田が涙を流して「RCに負けた」と語った札幌の夜

  7. 7

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  10. 10

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

もっと見る