「落語と川柳」長井好弘著

公開日: 更新日:

■川柳は過去ワープの「特急列車」

 落語と川柳の切っても切れない関係をうんちくとともにつづった落語本。昭和5年、川柳作家の坊野寿山の呼びかけで、4代目小さんや5代目円生ら10余人の噺家が集まり、川柳会「鹿連会」が発足。自然消滅した会は、戦後、6代目円生が幹事役となり復活し、後続の句会も続々と誕生したという。鹿連会に足しげく通った8代目文楽など、会の噺家らがつくった川柳と彼らにまつわるエピソードを紹介。川柳は噺家にとって、客をあっという間に江戸や明治へワープさせることのできる「特急列車」だと著者はいう。落語の中に登場する川柳や、古川柳に導かれ江戸や明治の情緒が残る東京散歩など、さまざまな趣向で、両者の関係を解き明かしていく。
(白水社 2300円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  7. 7

    権勢にしがみつき私情優先 野党結集を邪魔する「新6人衆」

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る