• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「落語と川柳」長井好弘著

■川柳は過去ワープの「特急列車」

 落語と川柳の切っても切れない関係をうんちくとともにつづった落語本。昭和5年、川柳作家の坊野寿山の呼びかけで、4代目小さんや5代目円生ら10余人の噺家が集まり、川柳会「鹿連会」が発足。自然消滅した会は、戦後、6代目円生が幹事役となり復活し、後続の句会も続々と誕生したという。鹿連会に足しげく通った8代目文楽など、会の噺家らがつくった川柳と彼らにまつわるエピソードを紹介。川柳は噺家にとって、客をあっという間に江戸や明治へワープさせることのできる「特急列車」だと著者はいう。落語の中に登場する川柳や、古川柳に導かれ江戸や明治の情緒が残る東京散歩など、さまざまな趣向で、両者の関係を解き明かしていく。
(白水社 2300円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る