「師匠、御乱心!」三遊亭円丈著

公開日:

 人気落語家が、昭和53年に起きた落語協会分裂騒動の内幕をつづった業界ドキュメンタリー。

 その年、著者は真打ちに昇進。50日間に及んだ襲名披露が終わった2日後に、師匠の三遊亭円生が弟子全員を招集する。師匠は、一門の弟子を前に、協会の会長・柳家小さんの真打ち量産方針に異議を唱え、協会を脱退することに決めたと宣言。

 さらに師匠はよりによって、弟子たちには一番弟子の円楽の弟子となり協会に残れという。一門の弟子たちの多くは円楽を毛嫌いしていたため、著者らは、仲間の中に円楽と通じている人物がいるとも知らずに、必死に思いとどまるよう説得するが、師匠の決意は固い。

 見たまま感じたままを赤裸々に明かし、単行本発刊時には関係者を激怒させたという問題作。

(小学館 630円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  8. 8

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

もっと見る