「競馬妄想辞典」乗峯栄一著

公開日:  更新日:

 2001年の天皇賞(春)のとき、タガジョーノーブルに乗る福永祐一は「前走阪神大賞典のときは、逃げ馬に乗るときにやらなアカンことをつい忘れていた」と言った。福永は「殺人的ペースで逃げる」といつになく過激な言葉を吐いていた。天皇賞には1年ぶりに「逃げの大家」セイウンスカイが出るので牽制したのか。「やらなアカンこと」とは「アナウンス」だ。このときの福永は「キンシャサの奇跡」のときのモハメド・アリの域に達していた。

 3年のブランクの後、ジョージ・フォアマンに挑戦したアリは「フォアマンはでかいミイラ男にすぎん」などとしゃべりまくった。そしてダウン寸前に4発ほど打っただけでフォアマンを倒したのだ。(「キンシャサの奇跡」)

 競馬をより楽しくしてくれる77のコラムを収録。

(あおぞら書房 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  6. 6

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  7. 7

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  8. 8

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  9. 9

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る