「競馬妄想辞典」乗峯栄一著

公開日:  更新日:

 2001年の天皇賞(春)のとき、タガジョーノーブルに乗る福永祐一は「前走阪神大賞典のときは、逃げ馬に乗るときにやらなアカンことをつい忘れていた」と言った。福永は「殺人的ペースで逃げる」といつになく過激な言葉を吐いていた。天皇賞には1年ぶりに「逃げの大家」セイウンスカイが出るので牽制したのか。「やらなアカンこと」とは「アナウンス」だ。このときの福永は「キンシャサの奇跡」のときのモハメド・アリの域に達していた。

 3年のブランクの後、ジョージ・フォアマンに挑戦したアリは「フォアマンはでかいミイラ男にすぎん」などとしゃべりまくった。そしてダウン寸前に4発ほど打っただけでフォアマンを倒したのだ。(「キンシャサの奇跡」)

 競馬をより楽しくしてくれる77のコラムを収録。

(あおぞら書房 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る