• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「新極道記者」塩崎利雄著

 競馬新聞の記者・松崎は、本業の競馬の他、競艇やオートなどの公営ギャンブルに始まり、マージャンやホンビキ(関西で発展した究極の博打)など、片っ端から手を出す無類の博打狂で、あちらこちらに借金をしていた。

 しかし、1994年の秋、中山競馬場・京王杯オータムハンデでサクラチトセオーを的中させて以来、マージャンも高級ホテルの日本間スイートで密かに開かれたホンビキでもつきまくり、絶好調。おまけに、ダイヤルQ2で競馬情報を提供する会社を営む小笠原から儲け話まで転がり込んでくる。

 有馬記念の日、華僑の2人組から持ちかけられた勝ち馬のタイムを予想する賭けで惨敗。以来、ツキに見放される。

 各ギャンブルの醍醐味が楽しめる博打小説。(徳間書店 700円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  5. 5

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  8. 8

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

もっと見る