「新極道記者」塩崎利雄著

公開日:  更新日:

 競馬新聞の記者・松崎は、本業の競馬の他、競艇やオートなどの公営ギャンブルに始まり、マージャンやホンビキ(関西で発展した究極の博打)など、片っ端から手を出す無類の博打狂で、あちらこちらに借金をしていた。

 しかし、1994年の秋、中山競馬場・京王杯オータムハンデでサクラチトセオーを的中させて以来、マージャンも高級ホテルの日本間スイートで密かに開かれたホンビキでもつきまくり、絶好調。おまけに、ダイヤルQ2で競馬情報を提供する会社を営む小笠原から儲け話まで転がり込んでくる。

 有馬記念の日、華僑の2人組から持ちかけられた勝ち馬のタイムを予想する賭けで惨敗。以来、ツキに見放される。

 各ギャンブルの醍醐味が楽しめる博打小説。(徳間書店 700円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  5. 5

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  6. 6

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  7. 7

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  8. 8

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  9. 9

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る