• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「新極道記者」塩崎利雄著

 競馬新聞の記者・松崎は、本業の競馬の他、競艇やオートなどの公営ギャンブルに始まり、マージャンやホンビキ(関西で発展した究極の博打)など、片っ端から手を出す無類の博打狂で、あちらこちらに借金をしていた。

 しかし、1994年の秋、中山競馬場・京王杯オータムハンデでサクラチトセオーを的中させて以来、マージャンも高級ホテルの日本間スイートで密かに開かれたホンビキでもつきまくり、絶好調。おまけに、ダイヤルQ2で競馬情報を提供する会社を営む小笠原から儲け話まで転がり込んでくる。

 有馬記念の日、華僑の2人組から持ちかけられた勝ち馬のタイムを予想する賭けで惨敗。以来、ツキに見放される。

 各ギャンブルの醍醐味が楽しめる博打小説。(徳間書店 700円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  4. 4

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  7. 7

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  8. 8

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  9. 9

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る