「お金からの解放宣言」秋山哲著/かんよう出版/1800円+税

公開日:

 先日、45歳になったということで、受給年金の暫定金額が送られてきた。これまでに払った分でもらう場合、国民年金が年間48万円、4年間会社員をやったので厚生年金が同14万円の合計62万円である。78歳のボランティア・尾畠春夫さんが「月額5万5000円」と言っていたが、それより年間4万円少ない。これを見ると多少は投資をしなくてはいけないと暗澹たる気持ちに……。

 本書の著者はUSJのマーケターをしながら個人投資家としての顔もあり、10年間で元手を60倍にしたという。同氏がいかに株を選び、どんな基準で売ったのか、といったことに加え、購入にあたっての条件などをつまびらかに明かしている。

 同氏はマーケターだけに、データを読み解くのは得意で、世界の株価を長期的に見た場合の結果から一つの結論を得る。バブル崩壊やリーマン・ショックなどで株価が大幅下落したことについても言及したうえでこう述べる。

〈これは過去50年間をベースにしたケースですが、最悪でも資産は最高値の半分程度に目減りしますが、6年弱で再び最高値まで回復するというのが過去の事実です(中略)経済が成長する限り株価は必ず回復しますし、お伝えしたように今後も経済は成長していきます〉

 著者は天才的な勘でバシバシと上がる銘柄を見極めるというよりは、株のセオリーを把握したうえで、過去のデータから「だからこうすれば上がる」と提示するスタイルを取る。上記の引用箇所につながる投資術について後の章でこう言及する。

〈私は投資を数十年していますが、いまだに来年や再来年の株価、たとえばNYダウ平均がどうなっているかわかりません。私がわかるのは10年後、20年後には上昇と下降を繰り返しながらも上昇しているということだけです〉

 だからこそ、5年後に大暴落したとしても、その5年後には上がっていると述べる。「多分勝てるセオリー」を著者は肌感覚で理解しており、それに従えば増えていくことをわかっている。私同様、自身の年金額にビビった人は本書が説くように「攻め」のために用意する500万円を25年後に4000万円にする投資術は学んでおいても良いだろう。

 また、本書では衣類は質の良いものを必要数のみ購入して長く使え、との節約術も提案する。当然、カネを浮かせて投資に回す費用を捻出するためである。 ★★半(選者・中川淳一郎)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る