「魔法の介護」にやりほっと探検隊著

公開日: 更新日:

 介護には「いのちの介護」「生活の介護」「文化の介護」の3段階があるという。多くの場合、食事や排泄の介助、あるいは買い物などに付き添うなど「いのちと生活の介護」に時間を取りがちだが、本当に満足した日々を送るには「文化の介護」が必要だという。文化の介護とは、その人が得意なこと、いわば好きなことを続けさせるための手助けだ。

 グループホームに入居する認知症の92歳の女性は、夜になると「明朝のお米はといだかしら」と心配するのがお決まりだった。あるとき女性に米をといでもらうと、普段は見せない笑顔が出た。以来、「役割」として米とぎをしてもらったところ、食材カットから調理、盛り付けまで出来るようになり、周囲と積極的に交流を持つまでになったという。

 現場を改善しようと長谷工シニアホールディングスのスタッフが始めたプロジェクト「にやりほっと探検隊」の取り組みを紹介。(ポプラ社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    手を出す? 俺にとって麗子はストライクゾーンに入らない

  2. 2

    芸能界ケンカ最強候補だった渡瀬恒彦は女に手を出すのも…

  3. 3

    松方弘樹は釣りと並んで女にも入れあげて力いっぱい生きた

  4. 4

    河井夫妻“選挙買収”捜査本腰へ急展開 落選議員が検察援護

  5. 5

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  6. 6

    元SMAPで独り勝ち キムタクが歩むジャニーズ大幹部への道

  7. 7

    不倫報道のJr.を“一罰百戒” 滝沢秀明副社長いきなり正念場

  8. 8

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  9. 9

    落合は「絶対に当てないから大丈夫」と涼しい顔で言った

  10. 10

    テレ朝を救う? キムタク「BG」がドル箱「相棒」になる日

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る