40~50代は高齢者よりも要介護リスクが高い!?

公開日:  更新日:

「まず下半身を鍛えなさい!」中野ジェームズ修一著 ポプラ社/800円+税

 日本人の40代から50代の5人に4人が「ロコモティブシンドローム」か、その予備群であるといわれている。これは「運動器症候群」のことで、体を動かすために必要な運動器の衰えにより、歩く、立つなどの日常動作が困難になり、要介護リスクが高まる状態のことを指す。

 自分が介護されるなどピンとこない世代かもしれないが、生活が便利になったことで昔ほど体を動かさなくなっている世代でもあり、実は現在の60代から70代よりも筋肉や関節が鍛えられていない。親の介護をする前に、自分が寝たきりになる可能性すらあるのだ。

 しかし、体は何歳からでも鍛えることができる。とくに、体の土台となる下半身の筋肉を重点的に鍛えることで、日常動作がスムーズになり、将来の寝たきりという事態も防ぐことができるという。

 本書ではさまざまな下半身エクササイズのほか、運動習慣のなかった人でも簡単に始められる基礎トレーニングも紹介。

 例えば、椅子やソファから立ち上がるとき、常に片足で立ち上がる習慣をつけること。サラリーマンであれば少なくとも1日に20回は椅子に座ったり立ったりを繰り返すはずなので、右足だけで10回、左足だけで10回立ち上がるのを習慣にしてみよう。

 片足立ちで靴下をはく、1日数十秒の“空気椅子”をするのもお勧めだ。下半身の筋肉が鍛えられると、太りにくくなったり腰痛予防にも有効だと本書。今日からでも始めてみては。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    手当削減で高給に陰り…セールスポイント失った銀行の惨状

  9. 9

    赤っ恥最下位で阪神OBが提言「大山を4番三塁に固定して」

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る