「やっぱり食いしん坊な歳時記」辰巳琢郎著

公開日:

 今まででいちばんおいしかったものはと聞かれて、辰巳は「炊きたてのごはん」と答えた。人生の最後に食べたいものはと聞かれると、「真っ白いごはんに香り高い焙じ茶をかけたお茶漬け」。

 昭和1桁生まれの辰巳の両親は、「お百姓さんに申し訳ない」と、一粒たりともご飯粒を残すことを許さなかった。だが、ようやく箸を使えるようになった子どもには無理な命令だ。そこで父は、お茶をかけてすすることを勧めた。その習性はいまだに抜けず、フルコースを食べたときも最後は白いごはんと鮭ハラスでお茶漬けにして締める。(「新米の季節に思う」)

 ほかに「きゅうりチャーハン」など、食いしん坊で知られる著者が忘れがたい味をつづったエッセー。

 (集英社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る