「やっぱり食いしん坊な歳時記」辰巳琢郎著

公開日:

 今まででいちばんおいしかったものはと聞かれて、辰巳は「炊きたてのごはん」と答えた。人生の最後に食べたいものはと聞かれると、「真っ白いごはんに香り高い焙じ茶をかけたお茶漬け」。

 昭和1桁生まれの辰巳の両親は、「お百姓さんに申し訳ない」と、一粒たりともご飯粒を残すことを許さなかった。だが、ようやく箸を使えるようになった子どもには無理な命令だ。そこで父は、お茶をかけてすすることを勧めた。その習性はいまだに抜けず、フルコースを食べたときも最後は白いごはんと鮭ハラスでお茶漬けにして締める。(「新米の季節に思う」)

 ほかに「きゅうりチャーハン」など、食いしん坊で知られる著者が忘れがたい味をつづったエッセー。

 (集英社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  8. 8

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

もっと見る