あったか朝ごはんが背中を押して…

公開日: 更新日:

「奈良まちはじまり朝ごはん」いぬじゅん著/スターツ出版620円+税

 世界遺産である元興寺の旧境内を中心とする「ならまち」は、平城京以来の長い歴史を有し、江戸から明治にかけての町家の面影をいまに伝える町並みが広がり、タイムスリップしたかのような錯覚に陥ることも。本書の主人公も、そうしたならまちの一角に迷い込み、不思議な出会いをする。

【あらすじ】新社会人として初出社の4月1日、希望にあふれて奈良市にある会社に向かった南山詩織を待ち受けていたのは「倒産」と書かれた貼り紙だった。社会人になった日に無職になるという運命を受け入れられぬまま、詩織は奈良の町をさまよい、気がつくと目の前に古い町並みを残した風景が広がっていた。力尽きるように道端のベンチに腰を下ろしていると若い和服姿の男に、「朝ごはんは食べたのか?」と声をかけられた。まだだと答えると、半ば強引に店の中に引き込まれ、オムレツのようなものを出された。それは「西洋卵焼き」といって、卵焼きの中に餅とだしで味付けされた細切りの玉ねぎやシイタケが入っていて、なんとも懐かしい味で食べているうちに心の痛みが取れていく。

 これがならまちのはずれにある朝食専門の店の主人・柏木雄也との出会いだ。これを縁に、詩織はこの風変わりな店で働くことになった。

【読みどころ】たとえ悲しい出来事があったとしても、温かい朝ごはんを食べて新しい一日を過ごしてほしいと、決まったメニューは設けず、それぞれの人に合わせた朝食を供する雄也。そんな彼を慕ってさまざまな客がやってくる。家が嫌なのか、一人で食べに来る中2の女子、肉と野菜が苦手という偏食の独身男……。ほっこりと温かい朝ごはんがそれぞれの背中を押していく。 <石>

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    秋篠宮さま会見に英メディア「反発招いたのは眞子さんが初めて」と日本の価値観の古さ指摘

    秋篠宮さま会見に英メディア「反発招いたのは眞子さんが初めて」と日本の価値観の古さ指摘

  2. 2
    日本スポーツ界はやっぱり“政府の犬” JOC山下会長「北京五輪ボイコット」めぐる発言で再露呈

    日本スポーツ界はやっぱり“政府の犬” JOC山下会長「北京五輪ボイコット」めぐる発言で再露呈

  3. 3
    TBS「報道特集」放送後に勃発! ネオニコ系農薬めぐり業界団体と研究者が“場外乱闘”

    TBS「報道特集」放送後に勃発! ネオニコ系農薬めぐり業界団体と研究者が“場外乱闘”

  4. 4
    大谷翔平の私生活は謎だらけ…オフは婚活の貴重な時間、玉の輿狙いの女子アナたちは?

    大谷翔平の私生活は謎だらけ…オフは婚活の貴重な時間、玉の輿狙いの女子アナたちは?

  5. 5
    「おぼん・こぼん」の経済効果は絶大!水ダウが生んだ“犬猿の仲”芸人は2022年もガッポリ?

    「おぼん・こぼん」の経済効果は絶大!水ダウが生んだ“犬猿の仲”芸人は2022年もガッポリ?

もっと見る

  1. 6
    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

  2. 7
    MLB労使交渉決裂は巨人に朗報? ロックアウト不可避で優良助っ人ゴロゴロ、日本球界は買い手市場に

    MLB労使交渉決裂は巨人に朗報? ロックアウト不可避で優良助っ人ゴロゴロ、日本球界は買い手市場に

  3. 8
    ふるさと納税“返礼品パリピ”に再考促す自治体 東京23区などの税金流出は深刻

    ふるさと納税“返礼品パリピ”に再考促す自治体 東京23区などの税金流出は深刻

  4. 9
    NMB48渋谷凪咲が“新バラエティー女王”に大躍進!毒舌でも天然ボケでもないユニークな魅力とは

    NMB48渋谷凪咲が“新バラエティー女王”に大躍進!毒舌でも天然ボケでもないユニークな魅力とは

  5. 10
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

人気キーワード