あったか朝ごはんが背中を押して…

公開日:  更新日:

「奈良まちはじまり朝ごはん」いぬじゅん著/スターツ出版620円+税

 世界遺産である元興寺の旧境内を中心とする「ならまち」は、平城京以来の長い歴史を有し、江戸から明治にかけての町家の面影をいまに伝える町並みが広がり、タイムスリップしたかのような錯覚に陥ることも。本書の主人公も、そうしたならまちの一角に迷い込み、不思議な出会いをする。

【あらすじ】新社会人として初出社の4月1日、希望にあふれて奈良市にある会社に向かった南山詩織を待ち受けていたのは「倒産」と書かれた貼り紙だった。社会人になった日に無職になるという運命を受け入れられぬまま、詩織は奈良の町をさまよい、気がつくと目の前に古い町並みを残した風景が広がっていた。力尽きるように道端のベンチに腰を下ろしていると若い和服姿の男に、「朝ごはんは食べたのか?」と声をかけられた。まだだと答えると、半ば強引に店の中に引き込まれ、オムレツのようなものを出された。それは「西洋卵焼き」といって、卵焼きの中に餅とだしで味付けされた細切りの玉ねぎやシイタケが入っていて、なんとも懐かしい味で食べているうちに心の痛みが取れていく。

 これがならまちのはずれにある朝食専門の店の主人・柏木雄也との出会いだ。これを縁に、詩織はこの風変わりな店で働くことになった。

【読みどころ】たとえ悲しい出来事があったとしても、温かい朝ごはんを食べて新しい一日を過ごしてほしいと、決まったメニューは設けず、それぞれの人に合わせた朝食を供する雄也。そんな彼を慕ってさまざまな客がやってくる。家が嫌なのか、一人で食べに来る中2の女子、肉と野菜が苦手という偏食の独身男……。ほっこりと温かい朝ごはんがそれぞれの背中を押していく。 <石>

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る