あったか朝ごはんが背中を押して…

公開日: 更新日:

「奈良まちはじまり朝ごはん」いぬじゅん著/スターツ出版620円+税

 世界遺産である元興寺の旧境内を中心とする「ならまち」は、平城京以来の長い歴史を有し、江戸から明治にかけての町家の面影をいまに伝える町並みが広がり、タイムスリップしたかのような錯覚に陥ることも。本書の主人公も、そうしたならまちの一角に迷い込み、不思議な出会いをする。

【あらすじ】新社会人として初出社の4月1日、希望にあふれて奈良市にある会社に向かった南山詩織を待ち受けていたのは「倒産」と書かれた貼り紙だった。社会人になった日に無職になるという運命を受け入れられぬまま、詩織は奈良の町をさまよい、気がつくと目の前に古い町並みを残した風景が広がっていた。力尽きるように道端のベンチに腰を下ろしていると若い和服姿の男に、「朝ごはんは食べたのか?」と声をかけられた。まだだと答えると、半ば強引に店の中に引き込まれ、オムレツのようなものを出された。それは「西洋卵焼き」といって、卵焼きの中に餅とだしで味付けされた細切りの玉ねぎやシイタケが入っていて、なんとも懐かしい味で食べているうちに心の痛みが取れていく。

 これがならまちのはずれにある朝食専門の店の主人・柏木雄也との出会いだ。これを縁に、詩織はこの風変わりな店で働くことになった。

【読みどころ】たとえ悲しい出来事があったとしても、温かい朝ごはんを食べて新しい一日を過ごしてほしいと、決まったメニューは設けず、それぞれの人に合わせた朝食を供する雄也。そんな彼を慕ってさまざまな客がやってくる。家が嫌なのか、一人で食べに来る中2の女子、肉と野菜が苦手という偏食の独身男……。ほっこりと温かい朝ごはんがそれぞれの背中を押していく。 <石>

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  7. 7

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  10. 10

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

もっと見る