男のカンタンご飯本特集

公開日:  更新日:

 “弁当男子”や“料理男子”という言葉が生まれているが、昨今では料理ができる男に対する女性の評価は非常に高い。妻が具合の悪いときに「俺のメシは?」などと言っている夫は、いずれ捨てられてしまう恐れもある。そこで今回は、まったく料理をしてこなかったという諸兄にも役立つ、カンタンご飯本4冊を紹介しよう。

 食事とは毎日するもの。だから、料理も基本的には毎日するものだ。気が向いたときにだけ、丸一日かけて凝った料理を作ればいいというわけにはいかない。

 毎食違う献立を考え、何品かの料理を時間をかけずに効率よく作るのは、意外に骨が折れる仕事なのだ。

 そこで、田内しょうこ著「『今日も、ごはん作らなきゃ』のため息がふっとぶ本」(主婦の友インフォス 1400円+税)では、料理の手間や時間、そして食材まで、ちょっとずつ減らして“面倒くさい”を解消できる50のアイデアと96のレシピを紹介。楽しく、簡単に、かつおいしい料理を作るためのヒントを教えてくれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る